再エネ・最新技術

「見える化」「データ蓄積」こそ、手軽に始める

クラウド化が進む農業の中で、注目を集めているITセンサー「MIHARAS(ミハラス)」。低コスト、設置・保管が容易、大規模圃場でも監視可能といった特長を持ち、ICT活用を始める際ならまずは検討したいサービスだ。

農作業を大きくサポートしてくれるITセンサーが続々登場。2017年春に発売された「MIHARAS(ミハラス)」もそのひとつだ。

従来、大規模圃場や分散化が進んだ圃場では、見回りの移動に時間がかかり、労力の負担が大きく、労力を軽減するための監視システムには高いコストがかかるものだった。そのような課題に対し、ITセンサーMIHARASは、低コストで大規模圃場の環境データの監視を実現している。

データ収集装置とセンサー端末間は、特定小電力無線の採用により通信費が不要。長距離通信による監視のため、分散化が進んだ圃場でも、手元で簡単に環境データの管理が可能に。データ収集装置1台につき、最大100台ものセンサー端末を接続できる。また、細型、軽量設計で、設置・保管が容易なのも特長のひとつだ。


宮城県登米市にて行った実証実験の様子。軽量で、用意に設置できる。

アラート、グラフ、データ連携などのクラウド機能を活用することにより、データの「見える化」と「蓄積」を手軽に行えるシステムとなっている。蓄積したデータはAPI機能を利用して、他社のクラウドなどと連携し分析することもできるという。

田んぼ、畑、ハウスなど、あらゆるタイプの圃場に対応し、水位、水温、地温といった各種情報をどこにいても確認できるMIHARAS。圃場の「見回り省力化」と「生産性向上」を大きくサポートすると期待されている。10月11日(水)から13日(金)まで開催される「第4回国際次世代農業EXPO」にも出展される予定(小間番号38-60)。農業クラウド導入を考えている人は、訪れてみてはどうだろう。


MIHARAS 公式HP

ニシム電子工業株式会社 公式HP

第4回 国際次世代農業EXPO

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  3. 農閑期の今だから挑戦したい! チェンソーを使った”薪づくり”
  4. あれ、切れてない……? を防ぐために。チェンソーを使ったら必ず行うべき”目立て”のやり方
  5. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  6. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  7. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  8. 「”いのちのてざわり”を体験してほしい」音楽家・小林武史が見出した農業の可能性とは
  9. 1分でわかる!「農業経営基盤強化準備金制度」
  10. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正