再エネ・最新技術

LED導入ニーズ、太陽光利用型ハウスでも高まる

植物の成長を早めたり、栄養価の高い野菜を育てたり、メリットの多い植物育成用LED照明。日本でも植物工場での活用ニーズが高まっている。

天候に左右されず、無農薬野菜を計画的に安定生産することが可能な植物工場。LEDによって野菜の成長に適した特定波長の光を効率的に当てることで、成長を早め、栄養価の高い野菜を育てられる。

植物育成用LED照明の導入サポートを行うフィリップスの担当者によると、日本ではこれまで完全人工光型植物工場でのLED利用が先行されていたが、次第に太陽光利用型でもニーズが高まってきているという。

フィリップスでは、さまざまな農作物や育成条件に最適な照明の光を見つけるため、本国オランダのチームが50件以上にわたるフィールドテストを実施した。例えば、トマトやキュウリは「インターライティング」という手法で苗木の間にLED照明で補光すると、光をより効率的に吸収して収穫量が向上。カランコエやレタスなどの多毛作作物にも、LED照明利用のメリットがある。

フィリップス2

LEDは熱エネルギー放出量が比較的少ないため、植物工場内の温度をコントロールしやすく、空調費用を抑えて最適な環境条件を維持することが可能だ。また、植物の近くに設置できることから、多段栽培への応用にも最適。それにより、限られたスペースを有効活用し、栽培面積を増やしたり、組織培養に利用したりすることが可能となる。同じスペースに、より多くの栽培トレイを設置することで、生産効率が向上する。

フィリップスでは、生産物の種類や植物工場の環境によって、どのようなLED照明の導入が最適なのか、一件ずつ相談に応じながら、販売を行っていくという。


フィリップス 公式サイト

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. 農閑期の今だから挑戦したい! チェンソーを使った”薪づくり”
  3. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  4. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  5. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  6. あれ、切れてない……? を防ぐために。チェンソーを使ったら必ず行うべき”目立て”のやり方
  7. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  8. 「”いのちのてざわり”を体験してほしい」音楽家・小林武史が見出した農業の可能性とは
  9. 1分でわかる!「農業経営基盤強化準備金制度」
  10. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正