再エネ・最新技術

太陽熱を使った施設園芸!? 蓄熱もできるオフグリッド型栽培システム

オランダのスタートアップ企業が、太陽熱を使ったオフグリッド型施設栽培システムを開発! 太陽の熱を集めて貯蔵システムで蓄熱し、24時間いつでも施設内の冷暖房や照明、汚水の浄化などに活用できる仕組みだ。

太陽熱を農業用ハウスに活用

オランダのスタートアップ企業「ソルホ」は、太陽熱を活用したモジュール式のオフグリッド型施設栽培システム「スプラウト」を約3年かけて開発した。

太陽の熱を太陽熱集熱器で集め、熱エネルギー貯蔵システムで蓄熱し、24時間いつでも、施設内の冷暖房や照明、汚水の浄化、海水の淡水化などに活用する仕組み。0.1ヘクタールから30ヘクタールまで、スペースに応じて設置できるのも利点だ。

2019年1月末までにはフランス南部で初めて設置される見通しで、とりわけ電力インフラの乏しい国や地域での需要を見込んでいる。

DATA

SOLHO

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 畑仕事もオフの日も楽しむ! 「上げトラ&カスタム」ブームが到来!?
  3. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. 住居と垂直型農場を一体化!? オーストリアの「ザ・ファームハウス」がすごい!
  6. 肥料代ゼロ! 緑肥作物を利用した地球に優しい農業
  7. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  8. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  9. 農家の新しいつながりを作る!  プラットフォーム6選
  10. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.11 / ¥0
2019年4月15日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル