注目キーワード

最新技術

営農・栽培情報を一元化! 栽培管理アプリがJA全農システムに向けたサービスを開始

個人農家に向けた農薬検索・農業日誌・売上管理を行う農作業管理アプリ「Agrihub」と、圃場情報をインターネットの電子地図と関連付けた営農管理システム「Z-GIS」が、サービス連携を開始。さらなる農家の利便性の向上のために、本サービスが実現した。

栽培管理特化型アプリ「アグリハブ」
営農管理システム「Z-GIS」と連携

株式会社Agrihubが提供する個人農家向け栽培管理アプリ「Agrihub」(アグリハブ)が、全国農業協同組合連合会(以下、JA全農)が提供する営農管理システム「Z-GIS」(ゼット・ジーアイエス、以下Z-GIS)へ向けたサービスを、2020年10月30日に開始した。

アグリハブは、個人農家の栽培管理に特化したアプリケーション。現在8,000人を超えるユーザーに利用されている。

そのなかでアグリハブとZ-GISとの連携を望む農家の声があがっており、さらなる農家の利便性の向上のために、本サービスが実現した。

情報の一元化により
営農の利便性UP

アグリハブは従来からあるアプリ版に加え、WEB版がリリースされ、WEB上での管理が可能になった。

本サービスでは、Z-GISからアグリハブWEB版が起動できるようになることで、アグリハブで登録された農家の圃場情報が、Z-GISの電子地図上で可視化できるようになる。これまで分散管理されていた情報を、圃場情報をもとに一元化できるのだ。

これによりExcelベースでデータの集約や分析に特化したZ-GISと、アプリで簡単に農業日誌や農薬使用データが記録できるアグリハブの両サービスを円滑に利用することができ、さらなる作業性の向上につながる。

アグリハブとは

「アグリハブ」は、8,000名以上の農家に支持される農薬検索・農業日誌・売上管理を行う農作業管理アプリ。農業日誌や農薬の検索・散布といった農作業の管理から農作物の売上管理まで、アプリ上で行える。

Z-GISとは

JA全農の営農管理システム「Z-GIS」は、圃場情報をインターネットの電子地図と関連付けることで、効率的な営農管理を実現するシステム。

圃場の位置情報とExcelデータを紐付けて、圃場毎の作付計画や作業内容など、管理したい項目をExcelで簡単に追加・記録できる。

記録した情報は地図上にわかりやすく「見える化」して、データをクラウド上に保管することで、複数名で共有が可能だ。

DATA

株式会社Agrihub
JA全農


文: 竹中唯

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2時間で“スマート農業の将来”がわかる! 無料のオンライン報告会が開催...
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. いま考えよう! 水稲農業のこれから《水稲サミットオンライン》1/22(金)緊急開催...
  4. 多用途ハイブリッドトラクターとは!? 海外の有望スタートアップ企業が生み出す農業ロボット4選...
  5. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  6. アフターコロナで農業はどうなる? 人々の農業観に変化はあったのか
  7. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  8. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  9. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  10. 【知って得する】若手農家必見! 農家が知るべき3つの「生産性」とは?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.17|¥0
2020/10/14発行

お詫びと訂正