注目キーワード

最新技術

無人自動運転がアツい! 「レベル2」のスマート農機が本格販売開始

中山間地域にも
スマート農機を!

農業ロボットは着実に進化しつつ広がりを見せ始めており、2020年には更なる進化を遂げることでしょう。でも、それが最終目標ではありません。

いかに農地の集約化が進んでいるとは言え、日本農業を支えているのは中山間地。いわゆる普通の農家です。そこに農業ロボットが普及して初めて、農業ロボットが日本農業に貢献できたと言えるのではないでしょうか。

それに向けて省庁はじめメーカー・研究者が一丸となって、農業ロボット開発を進めて行きます。


プロフィール

野口伸氏


北海道大学教授。内閣府戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「次世代農林水産業創造技術」プログラムディレクターを務める。食料生産システムのロボット化やICTに関わる研究に取り組んでいる。


AGRI JOURNAL vol.08(2018年夏号)より転載

< 123

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  3. 低コストなのに耐候性バッチリ! 台風にも負けない新型ビニールハウスが登場...
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  5. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  6. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  7. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  8. 雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選...
  9. 農作業の効率化も人材マッチングもスマホ1つでスムーズに! 注目のスマホアプリ6選...
  10. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.17 / ¥0
2020/10/14発行

お詫びと訂正