最新技術

“完全自動化農場”も……!? 国内外の最新「AIシステム&ロボット」9選

完全自動化農場(アメリカ)

カリフォルニアで開発された、人工知能により判断・命令を行ってロボットを稼働させ、葉物野菜を生育・収穫する自律型屋内農場。iron OX(アイロン・オックス) HP



ecoRobotix
(エコロボティクス/スイス)

圃場を自動走行しながら、雑草を検知し、ピンポイントで除草剤を散布する除草ロボット。2019年末までに一般発売される予定。ecorobotixHP

DOT(ドット/カナダ)

ドローンやGPS受信機により取得したマップデータをもとに圃場を移動し、播種や散布など、様々な農作業を遂行する自律走行トラクター。SeeDotRun HP

TOM(トム/イギリス)

圃場を自律走行しながら、農作物の生育状況など、様々なデータを高精度で収集し、圃場を可視化する農業用小型ロボット。(現在実証中)Small Robot Company HP

Sweeper
(スウィーパー/多国間プロジェクト)

施設内を自律移動しながら、パプリカの実を検知し、収穫の是非を判断したうえで実を傷つけずにグリッパーで摘む自動収穫ロボット。(現在研究段階)Sweeper HP


AGRI JOURNAL vol.10(2019年冬号)より転載

12

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. #コロナに負けるな!でフードロスを支援 商品を訳あり価格で出品できる話題のECモール...
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  6. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  7. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  8. 2019年絶対買い! 使いやすくてオシャレな「農業アイテム」12選
  9. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  10. スマート農機を使いこなして、効率的な農地管理を! 注目のドローン・田植え機5選...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.15 / ¥0
2020年4月17日発行

お詫びと訂正