注目キーワード

最新技術

究極の地産地消へ! 限られたスペースを有効活用できる「ブイファーム」って?

イギリスで「ブイファーム」と呼ばれるモジュール型屋内農場ソリューションがある。棚を移動させ、作業スペースを確保できる仕組みだ。

限られた空間を活用!
「ブイファーム」

英国で開発された「ブイファーム」は、スチール棚のような形状のモジュール型屋内農場ソリューションだ。限られた空間を最大限に活用できるよう、高さを最長5メートルまで伸ばせるほか、可動式とすることで、作物の収穫やメンテナンス時のみ棚を移動させて作業スペースを確保できる仕組み。循環式の水耕栽培により、レタスなどの葉野菜やハーブ、食用花、イチゴなどを栽培できる。


©V-Farm

英国南西部ブリストルのレストラン「サンクラフト」では、厨房横に「ブイファーム」を設置し、ミントやシソ、カラシナなどを一年中、自家栽培。鮮度が高く、味、色、食感に優れた食材をその場で収穫し、調理して提供する究極の地産地消を実現している。



TEXT:Yukiko Matsuoka

AGRI JOURNAL vol.12(2019年夏号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. Amazonが農業資材ストアをオープン! 数千点の資材をオンラインで購入可能に...
  2. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  4. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  5. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  6. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  7. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  8. 雑草・病害虫の判別AIアプリが進化! 対象作物の拡大、診断履歴も地図上で可視化!...
  9. クボタと三菱マヒンドラ農機が業務提携に合意! 農業の現場は何がどう変わるの?...
  10. 農業の未来を変える!? ロボット草刈機の実力を徹底検証

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.18|¥0
2021/1/26発行

お詫びと訂正