注目キーワード

最新技術

究極の地産地消へ! 限られたスペースを有効活用できる「ブイファーム」って?

イギリスで「ブイファーム」と呼ばれるモジュール型屋内農場ソリューションがある。棚を移動させ、作業スペースを確保できる仕組みだ。

限られた空間を活用!
「ブイファーム」

英国で開発された「ブイファーム」は、スチール棚のような形状のモジュール型屋内農場ソリューションだ。限られた空間を最大限に活用できるよう、高さを最長5メートルまで伸ばせるほか、可動式とすることで、作物の収穫やメンテナンス時のみ棚を移動させて作業スペースを確保できる仕組み。循環式の水耕栽培により、レタスなどの葉野菜やハーブ、食用花、イチゴなどを栽培できる。


©V-Farm

英国南西部ブリストルのレストラン「サンクラフト」では、厨房横に「ブイファーム」を設置し、ミントやシソ、カラシナなどを一年中、自家栽培。鮮度が高く、味、色、食感に優れた食材をその場で収穫し、調理して提供する究極の地産地消を実現している。



TEXT:Yukiko Matsuoka

AGRI JOURNAL vol.12(2019年夏号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  4. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  5. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  6. 草刈りの安全性と効率アップに! 刈払機に取り付けられるアタッチメント2選...
  7. 雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選...
  8. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  9. 【募集】モニター募集!9月撮影、ロボットによる草刈り作業体験!
  10. 環境改善だけでなく販売や経営にもデータを活用! 生産者を驚かせたクラウドサービス...
アグリク2020

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.16 / ¥0
2020年7月30日発行

お詫びと訂正