注目キーワード

最新技術

“誰でもできる”高糖度トマトの農法を聞いてきた!

衝撃を受けた、
新規就農者が作ったトマト

1つ目は「味」。佐藤さんは、以前より土耕栽培での高糖度トマト栽培経験を持つ。その実力は、県内で賞を受賞し全国各地から注文があるほどだ。

「それは、先代が何十年もかけて作った良い土があったからこそ出せた味でした。しかし、アイメック栽培のトマトを食べたとき、その甘さに驚きました。それが新規就農者の作ったトマトだと聞いて、さらに衝撃を受けました」(佐藤さん)。

アイメックでは根域を制限し、フイルムに吸収された養液を根が吸上げようとすることで、糖分やアミノ酸が作り出される。よって高糖度トマトが実現するという。

2つ目は「栽培のマニュアル化」。土耕栽培で最も大切で、最も大変なことのひとつは土作りだ。同じ地域でも場所や日当たり、ハウスの形によっても環境が変わり、決してマニュアル通りにはいかない。農業が、長年の勘と経験が必要だと言われる所以だ。アイメックを用いることで、場所や環境に左右されず、理想の土(フイルムが土変わりである)を、自らの意思で作りこむことが出来る。

aj_den20161018_03
シートをめくれば根の生育状況が見て分かるので、状況を判断して栽培管理がしやすい。

佐藤さんは「一人で出来ることはたかが知れています。〝誰でも〞出来る農業で、誰よりも美味しいトマトを作り、みんなを幸せにしたいです」と笑顔で語った。

 


【アイメック®フイルムに関するお問い合わせ】
メビオール株式会社


photo&text: Tomoko Kotaka

『AGRI JOURNAL vol.1』より転載

< 12

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  3. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  4. フリーマガジン「アグリジャーナル」最新秋号10/14(水)発行!
  5. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  6. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  7. 雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選...
  8. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  9. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  10. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.17 / ¥0
2020/10/14発行

お詫びと訂正