再エネ・最新技術

“誰でもできる”高糖度トマトの農法を聞いてきた!

神奈川県藤沢市にあるJAさがみわいわい市藤沢店に、朝一ですぐに売り切れてしまうほど人気のトマトがある。その高糖度トマトを作り出す農園を訪れ、栽培方法の秘訣を聞いた。

雪害の後の奮起
1からのスタート

県外からも口コミでファンが訪れるという高糖度トマトを作るのは、藤沢市認定農家、佐藤農園の佐藤智哉さん。佐藤さんのトマトは、甘いだけでなく旨みが凝縮しており「これ本当にトマトなの?」と驚くお客さんがいるほどだ。大量に購入してはご近所に配ったり、お土産にしたりと、誰かと共有したくなる美味しさだ。

aj_den20161018_04

先代の頃から評判の高かった佐藤農園のトマトは、新たな技術の導入でさらに広がりを見せる。

 

佐藤さんは2009年に就農、その後2014年に先代の後を継ぎ農園主となった。しかし農園主となってすぐにハウスが雪害に襲われるなど、厳しい船出を経験した。そんな時に出会ったのが、「アイメック®フイルム」を用いた農法だった。

ハイドロゲル膜の上に作物を植えて育てる農法で、生育のばらつきが少なく管理が簡便であるほか、廃液がゼロで環境に優しいなどの特徴がある。さらに、佐藤さんがこの農法に決めた理由は2つあった。

aj_den20161018_06

「一人だけが実現できる味ではなく、全員で美味しいトマトを作りたい」(佐藤さん・写真中央)。

 

12

関連記事

アクセスランキング

  1. ソーラー発電設備付きなのに安い!? 高耐候の農業用ハウスが話題
  2. 農業×エネルギー読本! アースジャーナル vol.06 発売
  3. フリーマガジン「アグリジャーナル」vol.09 発行!
  4. 1つ9,000円の”高級石鹸”で地域振興! 島民の思いを叶えた6次化成功事例
  5. 自動で芝を刈ってくれる「ロボット芝刈機」に低価格モデルが登場!
  6. ミシュランシェフの農場が挑む、”地方と都市をつなぐ”取り組みとは?
  7. 「最先端トマト農家」になるための学校が開校
  8. 収穫・調理体験で子供たちを育てる! アメリカで人気の”食育センター”
  9. 農薬の希釈量や混用事例がスグにわかる! 便利な農薬アプリが登場
  10. 農業界注目の4社がイベント共催! 無料で使える「会計」の極意を伝授!
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.09 / ¥0
2018年10月5日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル