注目キーワード

最新技術

太陽光発電を活用し、天候や昼夜を問わず種まきと除草を自動化できる自走式ロボットとは?

世界の食農ビジネスのトレンドをチェックしよう! デンマークでは播種と除草を自動化するハイブリッド型の自走式ロボットが開発された。ソーラーパネルとバッテリーのおかげで、天候や昼夜を問わず、作業を自動化できるのが魅力だ。

天候や昼夜を問わず
自動化が可能に!

デンマークで開発されたファームドロイドは、播種と除草を自動化するハイブリッド型の自走式ロボット。GPSシステムによって等間隔で種を蒔き、播種から約2週間後、モーター付きの鍬で、作物を傷つけることなく、周りの雑草を根元から刈り取る仕組みだ。

上部に装着されたソーラーパネルとバッテリーにより、稼働に必要な電力は太陽光発電でまかなわれ、天候や昼夜を問わず、10時間で最大2ヘクタールの作業を自動化できる。また、重さ700キロと軽量で、土壌の微細構造に影響を及ぼさないのも利点だ。テンサイを有機栽培するスイスの農家で実証実験に成功しているほか、菜種やビーツ、タマネギの栽培にも活用できると見込まれている。

©FarmDroid ApS




文:松岡由希子

AGRI JOURNAL vol.16(2020年夏号)より転載

関連記事

農業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 腰痛持ちの果樹農家さんに朗報! ゴーカートみたいな“乗用草刈機”
  2. 軽トラカスタムの新潮流!親しみやすさが人気の『レトロカスタム』
  3. 毎日着るものだから、こだわりたい! 働く現場を彩る作業着4選
  4. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  5. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  6. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  7. ホームセンター各社に聞いた、2024年注目の農業資材[コメリ・カインズ・農家の店しんしん・山新]...
  8. 収量が上がる果樹栽培法『ドリップファーティゲーション』に注目!
  9. 凍霜被害は低コスト・高効率に対策できる! 防霜バイオスティミュラント資材に迫る...
  10. この20年で農業は”こう”変わった。農業経営がしやすい時代はやってきたのか?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.30|¥0
2024/01/19発行

お詫びと訂正