注目キーワード

最新技術

防除や収穫・データ収集まで自動化! ノルウェー発農業用モジュール型ロボット

世界のトレンドをチェックして、食農ビジネスのヒントにしよう! 今回紹介するのは、ノルウェーのスタートアップ企業が開発した、農業用モジュール型ロボット。いったいどんな魅力があるのだろうか。

防除や収穫などを
自動で作業!

「トルヴァル」は、ノルウェーのスタートアップ企業サガ・ロボティックスが開発した農業用モジュール型ロボットだ。

圃場を自走しながら、うどんこ病の防除としてイチゴやブドウに短波紫外線ライトを照射したり、イチゴの実を検知し、熟度や大きさなどを判断して自動で収穫したり、作物の生育状況をデータで収集したり、様々なタスクを実行

「トラヴァル」が自動で作業中 ©2020 Saga Robotics

180kgと軽量で土壌に負荷をかけず、露地、果樹園、温室など、様々な圃場に導入でき、昼夜を問わず最長10時間にわたって稼働できる。

「トルヴァル」はFaaS(サービスとしての農業)モデルで提供され、使用時間や圃場に応じて課金される仕組み。現在、英国など5ヶ国で計30台が導入されている。



DATA

サガ・ロボティックス


文:松岡由希子

AGRI JOURNAL vol.17(2020年秋号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 土壌を豊かにし、環境を再生する不耕起・草生栽培|日本での現状と、普及への道筋とは?...
  2. フリーマガジン「アグリジャーナル」最新冬号1/20(木)発行!
  3. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  4. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  5. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  6. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  7. 畦畔の草刈りはロボットにお任せ!長野県信濃町で実装実験
  8. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  9. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  10. 畑仕事もオフの日も楽しむ! 「上げトラ&カスタム」ブームが到来!?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.22|¥0
2022/1/20発行

お詫びと訂正