注目キーワード

最新技術

食味・鮮度向上にも繋がる、塩水を活用した新しい環境制御型農業とは

淡水の使用を削減して塩水を活用するソリューションがサウジアラビアから登場した。淡水を使うより食味・鮮度向上にもつながる技術を見ていこう。

メイン画像:©Red Sea Farms

淡水の使用量を削減する
環境制御型農業ソリューション

サウジアラビアのキング・アブドゥッラー科学技術大学(KAUST)から2018年に独立したスタートアップ企業のレッド・シー・ファームズは、塩水を活用した環境制御型農業ソリューションの開発に取り組んでいる。

温室の気化冷却や作物栽培での灌漑の一部に塩水を活用し、淡水の使用量を85〜90%削減できるのが特徴だ。特殊な透明の被覆資材により放射熱を吸収し、温室内のファンは太陽光エネルギーでまかなう仕組みとなっている。

現在、このソリューションを導入したサウジアラビア国内3ヶ所の温室で耐塩性のあるトマトを栽培し、地元の食料品店で販売。淡水で栽培するトマトに比べて味がよく、ビタミンCが豊富で、鮮度をより長く保持できるという。レッド・シー・ファームズでは、2021年6月に1000万ドル(約11億円)を調達した後、8月には600万ドル(約6.6億円)の資金を調達。今後は、世界中の農家にもこのソリューションを積極的に展開していく方針だ。



文:松岡由希子

AGRI JOURNAL vol.21(2021年秋号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  3. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  4. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  5. 「ローカル5G×スマートグラス×AR」で行う遠隔地からの農業支援は現実になるか?...
  6. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  7. この20年で農業は”こう”変わった。農業経営がしやすい時代はやってきたのか?...
  8. 農業ビジネスは立地が重要! いちご栽培に向いている地域とは?
  9. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  10. 進化が止まらない!個性豊かな「2022年おすすめトマト品種」

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正