注目キーワード

最新技術

【導入レポート】オーレックの畜産消臭システムが、牛舎の消臭・ストレス改善に効果

牛舎の環境を改善することで、人と牛の双方にとって好ましい変化が起きる。オーレックの畜産消臭システム「Dr.MIST(ドクターミスト)」を愛用する、畜産農家の富永翔太郎さんに話を伺った。

臭いが減少したうえ
堆肥の質が向上

「3年ほど前、視察として知り合いの畜産農家を訪問したことがあり、その時にDr.MISTの存在を知りました。その特長などを聞いて『いい商品だな』と思ったので、自社の牛舎にもDr.MISTを導入することにしました」と、富永さん。その後、牛舎にDr.MISTを設置したところ、いくつもの変化があったそう。

もっとも大きな変化は、臭いの減少です。農場にやってきた農協の関係者に、『富永さんの牛舎は臭いませんね!』と言われるまでになりました」。

また、牛たちの様子にも変化があったのだとか。

床の状態が良くなったので、牛たちのストレスも減ったようです。床の上で、リラックスした様子で寝る牛が増えましたね。それに、牛が皮膚病にかかるケースが減りました」。


Dr.MISTウォーターの水粒は大きめなため、風に流されにくい。結果、成分がスムーズに床に付着する

Dr.MISTの使用のもと、出来上がる堆肥も上質だ。

「できた堆肥を野菜や果樹の農家に提供できれば、地域の農業がもっと盛り上がるはず。この堆肥の良さを、多くの人に知ってもらいたいです」。

牛や人、地域の農業にとってより良い牧場のあり方を模索する富永さん。夢の実現に向けて、着実に歩みを進めている。

Dr.MISTの効果

牛が快適に過ごせる床に!

牛舎内でDr.MISTウォーターを定期的に散布すると、床の発酵を助ける「放線菌」が通常時の約100倍に。アンモニアが抑制・分解される環境で放線菌が増加すると、敷料の堆肥化がさらに促進される。これにより、床が乾き気味の状態になり、硬めの粘土質になる。


牧草がぐんぐん育つ!

富永さんは、堆肥を2~3ヶ月かけて発酵させた後、牧草用の畑に散布している。堆肥を散布した畑では、元気な牧草がたっぷりと育つという。「以前よりも、牧草の育ちが明らかに良くなりました」と、富永さん。できた牧草は、サイロで発酵させた後、牛のエサに。

DATA

Dr.MIST
牛舎の上部に設置したスプリンクラーより、消臭原液のDr.MISTウォーターが散布され、アンモニアが抑制・分解される。なお、Dr.MISTウォーターのおもな成分は鉱物由来の天然ミネラルなため、安心して使用できる。

 

お話を聞いた人

New Farm Style株式会社
代表取締役

富永翔太郎さん

熊本県熊本市を拠点に、黒毛和種の繁殖を手がける。牛舎には約80頭の母牛がいる。会社名には、「牧場のあり方を新しいものにしたい」という思いが込められている。
 

問い合わせ

株式会社オーレック
TEL:0943-32-5066

九州限定でDr.MISTのモニターを募集中! 興味のある方はぜひお問合せを!


文:緒方佳子
写真:渕上千央

AGRI JOURNAL vol.25(2022年秋号)より転載

Sponsored by 株式会社オーレック

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 不耕起栽培の大事なポイントは? パタゴニアのワークウェアが寄り添う、小さな農園の取り組み...
  2. 【農業weekレポート】畜産業界の最先端技術が集結!効率化や省力化に役立つ製品を紹介...
  3. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  4. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  5. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  6. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  7. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  8. 【知って得する】若手農家必見! 農家が知るべき3つの「生産性」とは?
  9. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  10. ネギが太ると話題!農林水産大臣賞に選ばれた白ネギ農家の“栽培のヒケツ”とは?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正