再エネ・最新技術

人工光で野菜を育てる 注目植物工場8選

<人工光型植物工場>

斬新なアイデア満載の独自開発ユニット構造
多段式人工光型植物工場(水耕栽培システム)

skj010

野菜の安定供給や食の安全・安心を実現した多段式植物工場。独自開発のユニット構造の採用により、小規模の工場から大規模の工場まで、あらゆるスペースにも対応。また、少量の養液で栽培ができる「ガーター方式」を採用することで、養液の循環がスムーズになります。栽培品目に合わせたポット間隔の調整やワンタッチでできる照明の照射高調整、ボルトやナットを使用せずに行うユニット段高さの調節など、斬新なアイデアが満載だ。


問:株式会社アルミス広島
株式会社アルミス広島 公式HP


123

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  3. “食べられるバラ“を新たな形に! 女性起業家が切り開く農業の未来とは
  4. AIがおいしさを判定!? 「食べなくても味がわかる」アプリ登場
  5. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  6. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  7. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  8. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  9. 農業が嫌でたまらなかった……。 “農家の嫁”がキャリアを活かして活躍
  10. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル