注目キーワード

最新技術

人工光で野菜を育てる 注目植物工場8選

自動灌水プランターが生産効率を上げる
プラネット植物工場

skj005a

常にフレッシュで安定した養液管理を行う自動灌水プランターによって、肥料や排水のコストが抑えられ、排水による環境への悪影響もない。養液以外でも、光や温度・湿度・ CO2といった環境制御も、一括自動管理が可能であり、植物栽培用LED照明の組み合わせによって、生産効率の高い集積型植物工場を実現している。省スペースで設備工事が簡単なのも魅力的だ。


問:株式会社グリーンネット
株式会社グリーンネット 公式HP


 

多段栽培技術の完全人工光型植物工場システム
植物工場システム「ネオプランタ」

skj006

スチールラックの生産能力・販売実績ともに国内No.1クラスで、豊富な建築経験を持つ三進金属工業が扱う植物工場システム「ネオプランタ」は、太陽光ではなく、屋内照明のみで植物を無農薬栽培する、完全人工光型多段栽培を行う。空間を有効に利用できる多段式なので、工業地や都市などの非農地や狭い土地でも、安定した数の農作物を生産することが可能だ。また、気候変動にも左右されないため、新鮮な野菜を1年中供給できる。


問:三進金属工業株式会社
三進金属工業株式会社 公式HP


 

植物育成をさらに促進可能、高出力LED
植物育成用高出力LED/パッケージ植物工場

d-glatt-1

植物育成をさらに促進させる84W/75Wの高出力LEDをオリジナル開発。水冷化、パルス調光可能な電源ユニットにより、空調費や電気代などのランニングコストを大幅に削減できる。規格化されたコンテナを利用した制御型植物工場ユニットに、遠隔での育成環境を制御するシステムと高出力LEDを搭載した「パッケージ植物工場」として提供ができるため、短納期かつスモールスタートが可能だ。


問:株式会社ディーグラット
株式会社ディーグラット 公式HP


文/Mikako Hirose, Akio Inoue
※「SOLAR JOURNAL」Vol.12 より転載

< 123

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 不耕起栽培の大事なポイントは? パタゴニアのワークウェアが寄り添う、小さな農園の取り組み...
  2. 【農業weekレポート】畜産業界の最先端技術が集結!効率化や省力化に役立つ製品を紹介...
  3. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  4. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  5. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  6. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  7. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  8. 【知って得する】若手農家必見! 農家が知るべき3つの「生産性」とは?
  9. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  10. ネギが太ると話題!農林水産大臣賞に選ばれた白ネギ農家の“栽培のヒケツ”とは?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正