注目キーワード

最新技術

ベルギーにある産業技術研究所、「フランダース・メイク」。彼らは圃場の可視化、土壌や地形の分析、作物の生育状況のモニタリングなど、ドローンを使ってイチゴの収穫量を予測する、新しいソリューションを提案する。

ドローンとAIの活用でイチゴの花と実をカウント! 収穫量を予測する新ソリューション

植物の糖レベルを計測する際、従来の方法では植物の一部を切り取る方法があった。スウェーデンの研究チームでは、植物を傷つけることなく維管束組織のグルコースとスクロースのレベルを計測できるバイオセンサーを発明した。

スウェーデンの研究チームが発明! 植物の糖レベルを計測できる画期的なバイオセンサー

元銀行マンにとって農業はベンチャーを志向する選択肢の一つだった。農業をビジネスとして成功させる過程において重要となった、SDGsの取り組みと「アグリーフ」に迫った。

暖房排ガスを再利用するCO2供給装置とは? 銀行出身トマト農園後継者の選択

スマート農業の第一歩として、肩肘張らずにドローン活用に挑戦してみてはいかがだろうか? ここではソレに最適な空撮ドローン2機種を紹介しよう。

圃場の見回りを省力化しよう! 簡単&リーズナブルな空撮ドローン2機

2021年5月現在、政府が国会に航空法等の一部を改正する法律案を提出した。これにより農業のドローン活用が影響を受けそうだ。ここでは農業に関連するドローンの現行制度と、改正後の新制度で何が変わるのか説明しよう。

ドローンに免許制度が導入される! 航空法改正で農業ドローンはどうなる?

経営所得安定対策・中山間地域等直接支払に掛かる現地調査など、地方自治体が毎年行う作付調査では、申請通りの栽培がされていることを多くの人員と時間を費やし確認している。それを劇的に効率化するサービスが今、注目されている。

作付調査の効率化! 自治体向け農業管理DXソリューション『いろはMapper』とは

日本農薬のスマホ用アプリ『レイミーのAI病害虫雑草診断』。これまでの水稲のみだった対象作物が、葉物野菜にも拡大された。復習を兼ねて、あらためて本サービスを紹介していこう。

雑草・病害虫の判別AIアプリが進化! 対象作物の拡大、診断履歴も地図上で可視化!

今回紹介する海外農業トレンドは、ミツバチの巣を遠隔でモニタリングできるIoTデバイス「バズボックス」。巣箱に装着すると、内部の温度や湿度を計測するほか、蜂群の音を録音し、クラウド上の人工知能(AI)を用いて蜂群の健康状態を診断できる。

世界40ヶ国1000以上の養蜂場で導入! 蜂群の音で健康状態を診断できるIoTデバイス

コロナウイルスの影響により生活様式が変化する中で、小売り大手は物流や商社とタッグを組み、ネットスーパーに関する新たな機能、サービスを開発している。その取り組みや技術、今後想定される流れを紹介する。価格や品種改良に好影響と予想される、農家・生産者にとっても注目すべき「新鮮」を測る技術とは?

『新鮮さ』を情報化 大手スーパーや大学が取り組む生鮮食品の鮮度情報管理

コロナ禍に苦しむ農業生産者が多いなかで、積極的に新機材を導入することでピンチをチャンスに変えようと奮闘している新規就農者がいる。その取り組みについて取材した。

新設備導入でコロナ禍をチャンスに! 新規就農者の取組み

1 2 3 4 29

特集企画

アクセスランキング

  1. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  2. 課題にあわせた肥料を提供! データ分析であなた専用の処方箋が得られるウェブサービス...
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  5. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  6. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  7. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  8. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  9. 手押し一輪車を電動化へ! 作業負荷を軽減できる改造キット「E-cat kit」とは...
  10. “食料自給率”を上げるのは誰? 生産者の努力だけで自給率は上がらない...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.21|¥0
2021/10/13発行

お詫びと訂正