注目キーワード

最新技術

スマート農業ではサプライチェーンの下流をも巻き込んだ展開が顕著だ。ここでは「スマートフードチェーン」「スマート・オコメ・チェーン」について、その構築に携わる流通経済研究所の折笠氏による解説を聞いた。

農産物流通をスマート化する『スマートフードチェーン』とは

植物工場やハウス栽培でLEDライトを使用する機会は少なくない。ここでは、そんなLEDライトの新製品を紹介しよう。発売元は『がっちりHOUSE 5』など、農業を儲かる仕組みに変える製品を扱うJPPだ。

太陽光に近い光だから良く育つ! 観葉植物用で大人気のLEDライトにプロ仕様が追加!

施設園芸のハウス内環境のソリューションを提供する誠和から、光合成を効率的に促進するシステムがワンストップで登場。光合成に必要な三大要素「水・CO2・光」をテーマに次世代の農業の姿を提案する。

施設園芸で理想の光合成を実現|3大要素『水・CO2・光』を極めたシステムがある!

ハウス内の環境を整え、収量アップや省力化を実現する環境モニタリングシステムの導入が広がっている。環境制御機能の有無など多く選択肢がある中、導入が簡単な『e-minori(イーミノリ)』を紹介する。

電源を入れるだけで自動制御! らくらく導入で収量アップが叶う環境制御システムとは

日本の耕地面積の約4割を占める中山間地域は、農地の集約化や大型機械の活用が難しく、特に苦しい状況にあると言われている。そんな中山間地域にあって、高品質なトマトで着々と地位を築いている地域がある。

地域一丸となって立ち向かえ! 連作病害にも負けない、中山間地域の星『飛騨トマト』

生産データと収穫データと連携させるには、どうすれば良いのだろう? それを行うことで、どんなメリットがあるのだろう? 今回は石川県のとある農業生産者の取り組みを紹介する。

生産と収穫データを連携させるメリットとは? 独自のスマートシステム構築事例を紹介!

ベルギーにある産業技術研究所、「フランダース・メイク」。彼らは圃場の可視化、土壌や地形の分析、作物の生育状況のモニタリングなど、ドローンを使ってイチゴの収穫量を予測する、新しいソリューションを提案する。

ドローンとAIの活用でイチゴの花と実をカウント! 収穫量を予測する新ソリューション

植物の糖レベルを計測する際、従来の方法では植物の一部を切り取る方法があった。スウェーデンの研究チームでは、植物を傷つけることなく維管束組織のグルコースとスクロースのレベルを計測できるバイオセンサーを発明した。

スウェーデンの研究チームが発明! 植物の糖レベルを計測できる画期的なバイオセンサー

元銀行マンにとって農業はベンチャーを志向する選択肢の一つだった。農業をビジネスとして成功させる過程において重要となった、SDGsの取り組みと「アグリーフ」に迫った。

暖房排ガスを再利用するCO2供給装置とは? 銀行出身トマト農園後継者の選択

スマート農業の第一歩として、肩肘張らずにドローン活用に挑戦してみてはいかがだろうか? ここではソレに最適な空撮ドローン2機種を紹介しよう。

圃場の見回りを省力化しよう! 簡単&リーズナブルな空撮ドローン2機

1 2 3 4 5 6 31

特集企画

アクセスランキング

  1. 土壌を豊かにし、環境を再生する不耕起・草生栽培|日本での現状と、普及への道筋とは?...
  2. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  3. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  4. 真夏の暑さ対策に! 「冷たさ」が肌にダイレクトに届く、進化した水冷式ウエア...
  5. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  6. 長時間の草刈りの強い味方! コメリ発、簡単操作の自走式草刈機と除草剤...
  7. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  8. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  9. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  10. 生産力は向上する? 費用対効果は? 専門家に聞くスマート畜産のメリットとトレンド技術...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.23|¥0
2022/4/20発行

お詫びと訂正