「成功事例」の検索結果

農業者と障害者の双方にメリットがあるとされ、近年注目を集めている「農福連携」。茨城県つくば市の「ごきげんファーム」もそんな農福連携を実践する団体のひとつ。地域の人々に愛され、ともに畑を楽しむ関係性を築くまでの7年間を聞いた。

仲間が集まる農場づくりを! 地域に愛される「農福連携」成功事例

2018年6月、世界文化遺産に登録され、注目を集める五島列島。下五島の五島市では、地域活性に繋げようと、地元の有志達が特産品作りに取り組んでいる。島に自生する日本古来種・五島藪椿を原料とした石鹸「YABU」。その製品化に至るまでのストーリーを追った。

1つ9,000円の”高級石鹸”で地域振興! 島民の思いを叶えた6次化成功事例

傷ものや大きさがまばらという理由で、野菜が大量に廃棄されているという課題がある、日本の農業。青森県の柏崎青果は、廃棄野菜をなくしたいという思いで農産加工を開始。農林水産省の6次産業化推進整備事業を利用して、海外展開にも成功したという事例をご紹介。

6次化で廃棄野菜を有効活用! 海外進出にも成功

近年、6次産業化に取り組む農園が増えてきているが、始めるにはまとまった資金が必要だ。そこで、農林水産省の「6次産業化整備支援事業」を利用して成功を遂げた事例がある。今や人気スポットとなった札幌の農家カフェ『コッコテラス』だ。

卵のおいしさを届けたい! 6次化カフェで思いを実現

福島の食を応援するファンクラブ「チームふくしまプライド。」は会員6600人を突破! ヒーロー農家として参加する2人にファン作りのキーワード「農園イベント」についての話を伺った。

ファンをつくる「農園イベント」のコツとは?

4月25日(水)、「できる.agriセミナー」が千葉県で開催された。AI潅水施肥システムを提供する「ゼロアグリ」と圃場の見える化ツールを提供する「アグリノート」の担当者と、千葉県の若手農業経営者4名が登壇し、農業におけるIT活用法や補助金の活用などについて語られた。

若手農業経営者が語る、農業クラウドの選び方

近年、土地改良施設(かんがい排水施設、農業用道路など)の新設や更新・管理、農地の基盤整備などを行う土地改良事業の成功事例が全国各地で挙がってきている。今回は北海道中富良野町での事例をご紹介。

町による地下かんがいシステムで、安定生産を実現!

クラウドファンディングで資金を集め、いよいよ「農家の知恵袋」を公開したことで話題となっている栃木県の阿部梨園。東京大学農学部・同大学大学院卒という異色の経歴を持つ農家の右腕・佐川さんが行った、経営効率化への約500もの改善策って?

業務改善ノウハウを公開中!マネしたい経営の合理化

近年、全国各地で成功事例が上がってきている、農林水産省の土地改良事業。内陸性気候のため、年間の降水量が少ない干ばつ被害が課題となっていた岩手県二戸郡一戸町での事例をご紹介。土地改良事業を利用し、全国有数のレタス産地となり、農家の安定した所得を確立することに成功した。

干ばつ被害が多かった地域の農家所得が3倍に!?

2020年に開かれる東京オリンピック・パラリンピック。農業においても、日本食材の魅力を世界へ発信する大きなチャンスとなるが、このままでは「選手村で日本産食材を提供できない」可能性が危惧されている。国内産の食材を使用するために必要な「GAP認証」とは? 今一度おさらいしてみよう。

選手村での食材提供だけじゃない! GAP取得の重要性

1 2

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 農家の新しいつながりを作る!  プラットフォーム6選
  3. フリーマガジン「アグリジャーナル」最新夏号、7/16(火)発行!
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  6. AIがデータを収集して解析!? イギリス農業はここまで進化していた
  7. コレひとつで幅広い雑草に効く! 水稲農家におすすめの除草剤って?
  8. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  9. 肥料代ゼロ! 緑肥作物を利用した地球に優しい農業
  10. 無人自動運転がアツい! 「レベル2」のスマート農機が本格販売開始

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.12 / ¥0
2019年7月16日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル