注目キーワード

道工具・資材

ネギが太ると話題!農林水産大臣賞に選ばれた白ネギ農家の“栽培のヒケツ”とは?

土づくりにこだわり、LLサイズのA級ネギを安定的に出荷する「合同会社ゲインズエンタープライズ」が、最高賞である農林水産大臣賞を受賞。「ゲインズ」的栽培技術のヒケツとは?

メイン画像:合同会社ゲインズエンタープライズの丸山浩太さん、春菜さん。二人三脚でゼロからネギ栽培の技術を培ってきた。

過酷な状況でも
ネギの生育を支える強い味方

営農開始から5年。長野県松本市のネギ農家、合同会社ゲインズエンタープライズの丸山浩太さん・春菜さん夫妻に笑顔の花が咲いた。2022年1月、県共進会(※令和3年度長野県白ねぎ品質向上共進会)で、県内約400軒の白ネギ農家のなかから、最高賞である農林水産大臣賞に選ばれたのだ。

栽培面積は、遊休農地3haを含む6ha。年間160tという県内トップクラスの出荷量を誇りながら、A級ネギ比率93%という優れた栽培技術などが評価されたという。


昨年11月に出荷したネギ畑。9月は低温、乾燥、10月は真夏日という異常気象が続くなか、非常に良質なネギが育った。

有機肥料を基本にし、微生物を豊かにする土づくりにこだわっているという丸山さんが、信頼を置く微生物資材がある。根に共生する有用微生物、アーバスキュラー菌根菌を配合した「育苗用G2」だ。苗に散布すると、約3週間で菌根菌が根に共生。菌根菌が、植物体にリン酸を含む養水分を供給し、生産性が向上するというものだ。


施用は、苗の定植前にG2を撒くだけ。育苗の早いステージで使い、根に菌根菌を共生させる。

丸山さんがG2を取り入れたのは3年前。初年度にその効果を実感し、今や欠かせないものだという。

「根っこが水分を過不足なくコントロールしてくれている感じ。日照りや長雨など天候不順の時にこそ、その効果を実感します。栽培が安定するので、保険のような安心感があります」。

昨年8月は長雨により、周りのネギ農家は腐りに悩まされていたが、丸山さんの圃場は被害を最小限に抑えた。また炎天下が続いてもネギがしっとりと水分を保ち、LLサイズの立派なネギを出荷できたという。「G2のおかげで天候に左右されなくなった」という丸山さん。早出し出荷にも意欲的だ。

「過酷な状況でも水分調整し、ネギを太らせてくれるので、長野県では今まで出せなかった早い時期のネギに挑戦して、年間出荷量をさらに増やしていきたい」。


より高い有効性を求め、土壌分析を行い、リン酸の値が低い圃場にG2を取り入れているという。

また、肥料の高騰が著しい昨今、減肥に貢献するG2は、心強い存在だという。

「肥料選びも変わりましたね。G2が土中にあるリン酸を吸収し、ネギに供給してくれるので、リン酸肥料のことはもう頭にない状態。追肥も窒素とカリだけで、最高のネギができる。定植直前の苗に撒くだけなので、施用が楽なのも嬉しいですね」。

今年もG2を施用。いきいき太ったネギの収穫が今から楽しみだ。


長く、太く、量も多い、立派な根っこ。これが菌根菌による効果だ。

 

 

ネギが太る!
根に共生する“菌根菌”のチカラ

1980年創業の老舗微生物メーカー、株式会社松本微生物研究所が開発した農業用の微生物資材「育苗用G2」。根に共生し、リン酸を含む養水分を植物体に供給する、菌根菌のチカラとは?

「ネギが太る!」と話題の「育苗用G2」には、根に共生する有用微生物、アーバスキュラー菌根菌(以下、A菌根菌)を配合。苗に散布するだけで、約3週間でA菌根菌が根に共生。A菌根菌が、リン酸を含む養水分を植物体に供給し、作物の生育促進効果が期待できる。A菌根菌が、土壌に固着した吸収しづらいリン酸も吸い上げてくれるため、土壌中のリン資源の有効活用にも繋がる。


①菌根菌が根に共生
共生能力・生育促進活性の高い有用なA菌根菌を選抜して作る「育苗用G2」。施用後、約3週間程でA菌根菌が根に共生する。写真は、実際にA菌根菌が根に共生した状態。

②養水分を植物体へ供給
A菌根菌と植物体は共生関係で結ばれている。植物体に、リン酸・水分・ミネラルを供給し、土壌に吸着された難溶性リン酸の吸収も促す。

③養水分吸収領域の拡大
根に共生したA菌根菌は、菌糸を土壌中に張り巡らせ、養水分吸収領域を拡大。菌糸は、根では吸収できないわずかな養水分もキャッチして吸収する。
 

「育苗用G2(ジーツー)」はここがスゴイ!

とにかく、ネギが太る


左が対照区、右が試験区。「育苗用G2」を試験した方が、ネギが太くなり、また、等級(LL比率)が向上した

A菌根菌の働きにより、養水分の吸収領域が拡大するため、収穫時にはネギの太さの違いを実感。LL率が向上することで、収益性が高まる結果が出ている。また、耐乾燥性が高まり、病気に強くなる結果も。「サイズがLからLLになった」など、各地のネギ農家から驚きの声が集まっている。

減肥や環境保全にも貢献
土壌に固着した吸収しづらいリン酸も吸い上げるA菌根菌。原料の高騰化が叫ばれているが、土壌中のリン資源を有効活用できるため、減肥につながる。また、日本ではリン資源枯渇の課題が叫ばれているが、土中資源を活用することで資源が無駄にならず、環境保全にも貢献する。

活性の高い国産菌株を選抜
A菌根菌ならどれでも効果的という訳ではなく、日本の土壌に合った国産菌株こそ、高い生育促進効果を発揮する。株式会社松本微生物研究所では、老舗微生物メーカーならではのノウハウにより、日本の気候風土に適した活性の高い国産菌株を選抜している。

信州大学と共同研究も


信州大学農学部土壌生物学研究室 齋藤勝晴准教授(中央)と松本微生物研究所の忠地さん(左)。同研究室卒業生の猪野さん(右)も松本微生物研究所で活躍中だ。

「G2」の開発で得た成果をもとに、信州大学と株式会社松本微生物研究所が共同研究を実施。新しい技術を取り入れた、高品質な菌根菌資材を開発中。
 

 

DATA

育苗用G2


左:1kg 2,420円(税込)/右:5kg 11,000円(税込)
根に共生するアーバスキュラー菌根菌を配合。養水分の吸収を促し、作物の発根、生育を促進。ネギ苗約20枚に対し1kg使用。

 

問い合わせ

株式会社松本微生物研究所
メールアドレス:info@matsumoto-biken.co.jp


写真・文:曽田夕紀子

AGRI JOURNAL vol.23(2022年春号)より転載

Sponsored by 株式会社松本微生物研究所

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. 生産力は向上する? 費用対効果は? 専門家に聞くスマート畜産のメリットとトレンド技術...
  4. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  5. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  6. アニマルウェルフェアに配慮した循環型酪農へ。有機認証を取得した『鈴木牧場』とは?...
  7. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  8. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  9. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  10. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.23|¥0
2022/4/20発行

お詫びと訂正