注目キーワード

「施設園芸」の検索結果

「モダンで洗練された農園」にとって、栽培機能の骨格を成すハウスは最も重要な舞台装置だ。そこに採用されたのは「間口6m×奥行き6m×軒高5m」という栽培の自由度を重視したプロ仕様のハウスだった。

トマト一筋18年、トマトのプロが選んだ6×6ハウスの実力

「なかなか儲からない」ことが、農業人口が減少している理由の一つ。では、農業を儲かる仕事にするための、仕組みを作ってはどうか。こうした発想のもと、独自の買取システムを確立したのが「株式会社Happy Quality」だ。代表の宮地誠さんに、その詳細などをお話いただいた。

高年収の農家も輩出!高機能・高品質トマトのフランチャイズ経営の仕組みは?

2021年も引き続き、施設園芸における「効率化」は注目を集め製品は進化している。施設園芸での作業をさらに効率化する3つのアイテムをご紹介!

施設園芸作業の効率化ツール3選! モニタリング・クラウド・見える化

渡辺パイプのハウス内環境制御装置「ウルトラエースシリーズ」の新機種として「ウルトラエースC」が発売された。ハウス内を写真でモニタリングする専用WEBカメラで、従来よりも視覚的な圃場管理を可能にした。

生育状況をWEBカメラでモニタリング! ハウスの環境データ併用で高精度な管理が可能

圧倒的な低価格と確かな設計技術で、農業用ハウスに革命を起こしたタカミヤが、2021年に大小2つの注目すべき新商品をリリースした。共に施設園芸の大敵である“影”を減らし、採光性を上げるための工夫が凝らされている。

農業用ハウスの大敵である“影”を減らす! 大小2つの新たな低コスト耐候性ハウス

江戸時代から続く米農家で、あえてトマト栽培にチャレンジした若手農家。その決断のきっかけには、アイメック農法との出会いがあった。農業一家の未来を切り拓くべく試行錯誤を繰り返す、農家の姿をレポートする。

代々続くコメ農家がフルーツトマト生産に挑戦! アイメック農法で辿り着いた理想の味

植物工場やハウス栽培でLEDライトを使用する機会は少なくない。ここでは、そんなLEDライトの新製品を紹介しよう。発売元は『がっちりHOUSE 5』など、農業を儲かる仕組みに変える製品を扱うJPPだ。

太陽光に近い光だから良く育つ! 観葉植物用で大人気のLEDライトにプロ仕様が追加!

施設園芸のハウス内環境のソリューションを提供する誠和から、光合成を効率的に促進するシステムがワンストップで登場。光合成に必要な三大要素「水・CO2・光」をテーマに次世代の農業の姿を提案する。

施設園芸で理想の光合成を実現|3大要素『水・CO2・光』を極めたシステムがある!

ハウス内の環境を整え、収量アップや省力化を実現する環境モニタリングシステムの導入が広がっている。環境制御機能の有無など多く選択肢がある中、導入が簡単な『e-minori(イーミノリ)』を紹介する。

電源を入れるだけで自動制御! らくらく導入で収量アップが叶う環境制御システムとは

日本の耕地面積の約4割を占める中山間地域は、農地の集約化や大型機械の活用が難しく、特に苦しい状況にあると言われている。そんな中山間地域にあって、高品質なトマトで着々と地位を築いている地域がある。

地域一丸となって立ち向かえ! 連作病害にも負けない、中山間地域の星『飛騨トマト』

1 2

特集企画

アクセスランキング

  1. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. アニマルウェルフェアに配慮した循環型酪農へ。有機認証を取得した『鈴木牧場』とは?...
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  5. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  6. 生産力は向上する? 費用対効果は? 専門家に聞くスマート畜産のメリットとトレンド技術...
  7. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  8. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  9. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  10. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.23|¥0
2022/4/20発行

お詫びと訂正