注目キーワード

「施設園芸」の検索結果

栽培に強い「株式会社誠和」と、労務と経営に強い「テラスマイル株式会社」が業務提携を行うことを発表した。2社の製品の連携で生産支援を強化することで、農業者の経営改善に貢献していく。

農業を取り巻くデータを一括で分析・活用! 誠和とテラスマイルが業務提携開始

普段作っているトマトを高GABAに育てることができる!そんな夢のような栽培システムが今夏、本格販売される。試験農場で高GABAトマトを生産している開発元の株式会社いけうちに話を伺った。

いつものトマトが「高GABA」に育つ!? 霧を使った噴霧水耕システム

高温期のハウス栽培には欠かせない遮光資材。これまではコストや作業効率に問題が多かったが、それらを解決する画期的な製品が登場した。それが吹付式遮光資材「ホワイトクール」である。

ハウスの高温対策に! 炭酸カルシウムのパイオニア企業が生み出した遮光資材

今号は、人手不足をカバーする作業効率化アイテムのほか、異常気象対策として活用したい製品や、環境問題に配慮した資材など、これからの農業で必要とされる新技術を紹介。電子版配信中!

フリーマガジン「アグリジャーナル」最新夏号7/20(水)発行!

樹で赤く熟させる「赤熟もぎり」ができ、流通性にも優れた『王様トマト』。JA足利ではいち早く『王様トマト』の栽培に着手し、地域ブランド化に成功している。市場も高く評価するその魅力とは?

足利トマト農家が一丸となり作った地域ブランド、 背景に赤熟もぎりの『王様トマト』。

本場栃木でイチゴ農家を営む若き農園主が出会ったのは、イチゴ栽培の可能性を広げる最新のハウス用遮熱資材だった。遮熱材を使うことで、イチゴに起こった変化、そしてイチゴ生産に生じたプラスの効果とは? 農家が実際に体験した遮熱材モニターの様子をレポートする。

イチゴの春季以降の品質向上に挑戦! 若き農園主が体験した、作物にやさしいハウスの遮熱資材

農業生産者なら必見!施設園芸・植物工場展2022(GPEC)が東京ビッグサイトで開催される。期間は7月20日~22日までの3日間。ロボット、AI、IoTなどの最先端技術にふれたり、出展企業と商談できる人気のイベントだ。開催前に展示会の見どころをチェックしよう!

開催迫る! 7月20日~22日東京ビッグサイトにて施設園芸・植物工場展イベント

「モダンで洗練された農園」にとって、栽培機能の骨格を成すハウスは最も重要な舞台装置だ。そこに採用されたのは「間口6m×奥行き6m×軒高5m」という栽培の自由度を重視したプロ仕様のハウスだった。

トマト一筋18年、トマトのプロが選んだ6×6ハウスの実力

「なかなか儲からない」ことが、農業人口が減少している理由の一つ。では、農業を儲かる仕事にするための、仕組みを作ってはどうか。こうした発想のもと、独自の買取システムを確立したのが「株式会社Happy Quality」だ。代表の宮地誠さんに、その詳細などをお話いただいた。

高年収の農家も輩出!高機能・高品質トマトのフランチャイズ経営の仕組みは?

2021年も引き続き、施設園芸における「効率化」は注目を集め製品は進化している。施設園芸での作業をさらに効率化する3つのアイテムをご紹介!

施設園芸作業の効率化ツール3選! モニタリング・クラウド・見える化

1 2 3

特集企画

アクセスランキング

  1. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  2. 【検証レポート】本当に石の飛散が少ないのか? 噂のバッテリー式「T字型バリカン」草刈機を体験!...
  3. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  4. 土壌を豊かにし、環境を再生する不耕起・草生栽培|日本での現状と、普及への道筋とは?...
  5. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  6. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  7. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  8. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  9. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  10. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.24|¥0
2022/7/20発行

お詫びと訂正