注目キーワード

「施設園芸」の検索結果

アルスプラウトは、プラモデルを組み立てる感覚で手作りする環境制御システム。自由度が高く、必要に応じてセンサなどを追加可能だ。今回は 「株式会社エーゼログループ」、宇高秀和さんの制御内容を拝見!

DIYで自分好みに。低コストな環境制御システム「アルスプラウト」の活用テクを拝見!

持続可能で儲かる農業を実現させるために重要なのが、「生産作物の高付加価値化」。ORECが力を入れているのがスイカの花粉だ。「どんな品種のスイカでも種ごと食べられるようにする」画期的な商品だ。

どんな品種のスイカでも、種ごと食べられるように!? スイカの花粉「TANE FREE」

かなりの時間と労力を必要とするイチゴの土詰め作業。これらの課題を解決するため開発されたのが、「イチゴエクセルキューブ」。「挿(さし)苗用」と「セル苗用」の2種類で展開する、イチゴの育苗に特化した培土の特徴を紹介しよう。

イチゴの育苗に特化!土詰め作業の省力化と炭疽病リスクを低減する培土を開発

高糖度トマトの生産において、重要で作業負担の大きい潅水管理。その負担を大きく取り除く、クボタが開発した自動潅水制御システムの内容と、導入者の声を紹介する。

植物のしおれ状態をAIで見える化! 的確な水やりで高糖度トマトの安定生産・省力化に

栽培に強い「株式会社誠和」と、労務と経営に強い「テラスマイル株式会社」が業務提携を行うことを発表した。2社の製品の連携で生産支援を強化することで、農業者の経営改善に貢献していく。

農業を取り巻くデータを一括で分析・活用! 誠和とテラスマイルが業務提携開始

普段作っているトマトを高GABAに育てることができる!そんな夢のような栽培システムが今夏、本格販売される。試験農場で高GABAトマトを生産している開発元の株式会社いけうちに話を伺った。

いつものトマトが「高GABA」に育つ!? 霧を使った噴霧水耕システム

高温期のハウス栽培には欠かせない遮光資材。これまではコストや作業効率に問題が多かったが、それらを解決する画期的な製品が登場した。それが吹付式遮光資材「ホワイトクール」である。

ハウスの高温対策に! 炭酸カルシウムのパイオニア企業が生み出した遮光資材

今号は、人手不足をカバーする作業効率化アイテムのほか、異常気象対策として活用したい製品や、環境問題に配慮した資材など、これからの農業で必要とされる新技術を紹介。電子版配信中!

フリーマガジン「アグリジャーナル」2022年夏号7/20(水)発行!

樹で赤く熟させる「赤熟もぎり」ができ、流通性にも優れた『王様トマト』。JA足利ではいち早く『王様トマト』の栽培に着手し、地域ブランド化に成功している。市場も高く評価するその魅力とは?

足利トマト農家が一丸となり作った地域ブランド、 背景に赤熟もぎりの『王様トマト』。

本場栃木でイチゴ農家を営む若き農園主が出会ったのは、イチゴ栽培の可能性を広げる最新のハウス用遮熱資材だった。遮熱材を使うことで、イチゴに起こった変化、そしてイチゴ生産に生じたプラスの効果とは? 農家が実際に体験した遮熱材モニターの様子をレポートする。

イチゴの春季以降の品質向上に挑戦! 若き農園主が体験した、作物にやさしいハウスの遮熱資材

1 2 3 4

農業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. “トリコデルマ菌”の働きをわかりやすく解説! 根張りを増やして収量アップへ...
  2. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  3. アザミウマの発生を1/10程度に削減! イチゴ農家を救うLEDの赤い光
  4. 軽トラカスタムの新潮流!親しみやすさが人気の『レトロカスタム』
  5. 土壌の保水力・保肥力を向上させる「EFポリマー」が日本随一の畑作地帯・十勝に上陸!...
  6. 業界初!60度の急斜面でも草刈り可能な草刈機「ベローン」で安心・安全&ラクな作業へ...
  7. 雑草のプロフェッショナルに聞く! 草をマルチにするメリットと留意点
  8. 農業・畜産の最新技術が熊本に集結!西日本最大級の総合展『J AGRI』5月22日から開催...
  9. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  10. 強力な多年生雑草もすっきり一掃! コメリのおすすめ除草剤「マルガリーダ」とは?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.31|¥0
2024/04/19発行

お詫びと訂正