注目キーワード

「神門善久」の検索結果

一年前、長野盆地で起きた千曲川の氾濫。新幹線車両センターが水没するなど甚大な人的・物的被害を生んだ。この原因が、高原レタス栽培にある可能性があるのだ。現代農業の本質を問う、神門善久氏のコラム。

川の氾濫や水質悪化は高原レタス栽培の代償か? 連作障害が引き起こすものとは

明治学院大学経済学部の神門教授によるコラム、「現代農業の本質」。今回のテーマは「京野菜生産の危機」。なぜ伝統料理に不可欠な食材がなぜ危機に直面してしまったのだろうか。原因は投機目的での農地所有が蔓延していることにあると指摘する。

亀岡盆地の京野菜生産が危機に直面! 原因は「投機目的での農地所有」の蔓延にあった

2011年の福島原発事故は記憶に残っている人が多い。だが、前年の宮崎の口蹄疫は忘れられがちだ。農業に携わる者なら、この苦い経験を教訓として活かさなければいけない。現代農業の本質を、明治学院大学経済学部経済学科教授の神門善久氏が説くコラム。

2010年の「口蹄疫禍」を忘れない。 原因・初期対応は? 危機管理体制の見直しを

深刻な農業の人手不足により、技能実習の外国人への依存が強まる一方だ。昨年12月の入管法改正によりどのように変化したのか、技能実習制度は、日本農業全体を改変する起爆剤となるのか。現代農業の本質を、明治学院大学経済学部経済学科教授の神門善久氏が説くコラム。

外国人労働者が日本農業をどう変えるのか? 品目や栽培技術の選択にも影響

「茶道」に用いられる茶室や茶道具には、陶漆器、竹細工、畳、炭、などの職人技でつくられた品々が静息しており、日本文化の集結だ。国際交流を深められる文化である一方で、日本国内では、「茶道」の影が薄くなりつつある。現代農業の本質を、明治学院大学経済学部経済学科教授の神門善久氏が説くコラム。

お茶農家が世界をつなぐ!? 日本文化の魅力を広める国際交流のススメ

ジャガイモ栽培には病害や薬剤使用による食品不安などの問題が付きまとう。そんな中、見果てぬ夢を追い求めてジャガイモの品種改良に挑戦した農家がいた。現代農業の本質を、明治学院大学経済学部経済学科教授の神門善久氏が説くコラム。

ジャガイモ農家の執念! 「品種改良の夢」を追い続けた名門農家の足跡

日本酒の原料に向いている「酒造好適米」。これを使うことで、日本酒本来の味と香りがいきる。しかし、現制度では酒造好適米には農水省からの補助金が出ないため、費用削減ができない現状がある。

酒造好適米には補助金が出ない? 日本酒の品質向上が難しい理由

魚市場ではいま、"目利き"を頼りにする仲買人の需要が下降傾向にある。無名の良品質よりも「ブランド化された魚」ばかりが買われていくという現状には、加工食品・外食に頼るようになった"日本の食文化の危機"が表れているように見える。

安くておいしい魚が買ってもらえない!? 現代漁業が抱える問題

明治学院大学経済学部の神門教授によるコラム、「現代農業の本質」。今回のテーマは「漆器を使おう」。神門さんが考える、漆関連の職人から学ぶべきこととは?

神門教授が説く現代農業の本質「日本の漆職人から学ぶべきこと」とは?

現代の日本が農業環境に多くの課題を抱えている一方、日本農業を成長産業だとする声もある。なぜそのようなズレが起きているのだろうか。

日本農業は本当に「成長産業」といえるのか?

1 2

特集企画

アクセスランキング

  1. 株式会社クラレ主催!「化学する農業」がテーマの展示会とは!?
  2. 専門家に聞いた! シーン別「チェンソー選び」バッテリー式編
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. 施設園芸は次のステージへ! 多くの作物で高収量を実現させる、期待の“新技術”とは?...
  5. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  6. アフターコロナで農業はどうなる? 人々の農業観に変化はあったのか
  7. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  8. 世界初! 除草剤不要の除草ロボットが登場! 電流で雑草を枯死させる技術とは...
  9. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  10. 専門家に聞いた! シーン別「チェンソー選び」エンジン式編

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.17 / ¥0
2020/10/14発行

お詫びと訂正