「農業ICT」の検索結果

長崎県佐世保市鹿町で、「棚田を守ることで地域社会を守りたい」という一人の若者の想いから始まったe-Tanadaプロジェクト。そこでは、ドローンでの農地解析サービスが活用されていた。

長崎県の若手農家が実践! ドローンを使った”次世代型”の栽培管理方法って?

「第58回全国青年農業者会議」のなかで行われた、先進農業技術のプレゼンテーション大会「先進技術アワード農業2.0」。事前審査を通過した3社のサービスが、若手農家に向けて発表を行った。

「先端技術アワード農業2.0」で登場した3つのITサービス

ヤマハ発動機の農業用ドローン「YMR-08」が、「天晴れ」「Crop Spec」「アグリノート」との連携を発表。ドローンでの農薬散布・施肥作業が、より高効率・高精度なものとなる。

ヤマハ農業用ドローンがあの4商品と連携! 専用アプリをリリース

NTT東日本の「ギガらくWi-Fi IoTサポートオプション 農業タイプ」は、専用のセンサーとカメラで圃場の様子をチェックできる遠隔監視システムだ。同社ならではのサポート体制も充実しており、安心して導入することができる。業界が注目するサービスの魅力とは?

NTT東日本が「遠隔監視」で農家を強力支援! 徹底的なサポート体制!

農業にICTを導入すれば、作業効率を飛躍的にアップすると同時に、人為的なミスによるロスなども減り、ひいては収益アップにつながる。万人に使いやすい家電を開発してきたパナソニックの「栽培ナビ」は、デジタル機器が苦手な人にもオススメだ。

デジタル機器が苦手な人でも! 「ICT活用」に最適なツールはコレだ!

トラクタにもICTの波が来ている。効率的な農作業を実現するため、高機能化が進んでいるのだ。もっと快適に、もっとカッコいい。近未来感が押し寄せる最新トラクタをピックアップ!

あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選

年が明けて、3月の年度末が近づいてきた。そろそろ確定申告の準備に入る時期となる。確定申告には2種類あり、作業は少し多くなるものの、節税効果の大きい「青色申告」がオススメだ。今回は、農家の青色申告を簡単に行う専用ソフトを紹介しよう。

農家の確定申告を簡単に! はじめてでも「青色申告」できる専用ソフト

代官山ワークス、オーレンス税務事務所、TrexEdge、freeeという農業界で注目を集めている4社が、共同で農業イベントを開催。無料から使えるアプリなどを活用した、農業の現場で役立つ便利な「会計」の方法を公開した。

農業界注目の4社がイベント共催! 無料で使える「会計」の極意を伝授!

アグリジャーナル×営農支援サービス「天晴れ」の体験プロジェクト。「代々受け継がれてきた、経験則に基づく刈取り時期のベストタイミングを可視化したい」というのが、水稲農家・宮本さんの実現したいこと。「天晴れ」の活用で確かな手応えを感じた理由とは?

<体験レポート>ドローンや人工衛星で水稲の生育状況を可視化!

農業従事者の頭を悩ます会計業務だが、ICTやAIの技術の進歩で、劇的に簡便化されようとしている。今回はクラウド会計ソフトのメリットとともに、現状、農業会計ソフトの筆頭格と目される「freee」の特徴をご紹介する。このソフトで、あなたの農業経営も大きく好転するかもしれない。

確定申告も簡単に! 農業経営に対応したクラウド会計ソフトが登場

1 2 3 7

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 農家の新しいつながりを作る!  プラットフォーム6選
  3. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  4. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  5. 【農家必見】夏の次世代農業体験プロジェクト! 参加メンバー募集!
  6. 夏の雑草対策に!最新雑草防除ギア7選【刈払機・草刈機編】
  7. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  8. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  9. 「無人での完全自律走行」が実用化!? 2020年、スマート農機は大きく進化する
  10. 【特別対談】誠和×ノーリツの異業種コラボ! 『真呼吸』が農業の今後を変える?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.12 / ¥0
2019年7月16日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル