注目キーワード

「酪農」の検索結果

2021年夏、生乳・牛肉・鶏卵という3項目の有機認証を取得した北海道・十勝の鈴木牧場。慣行農業から循環型農業へと転換し、アニマルウェルフェアに配慮した酪農に取り組む4代目・鈴木敏文さんに話をうかがった。

アニマルウェルフェアに配慮した循環型酪農へ。有機認証取得の鈴木牧場が目指すもの

アミノ酸を多く含む豊かな味わいで人気の赤身肉「短角牛」。その日本最大級の牧場が北海道・足寄町にある。安心・安全にこだわり、アニマルウェルフェアに配慮した飼育を続け、昨年、有機JAS認証を取得した牧場だ。

人も牛も幸せな畜産へ。 有機JAS 認証の短角牛を育てる 『北十勝ファーム』の挑戦

超微粒子の濡れない霧を発生させて、気化熱により冷却する「ドライフォグシステム」が、畜舎向けの暑熱対策として広がっている。同システムを取り入れた牧場の声をレポートする。

畜舎の暑熱対策に! 濡れない霧=ドライフォグシステム導入の効果を聞いた

環境危機を前に、諸外国では牛が悪者扱いされることも……。そんな現状を受け目指したのは、リジェネラティブ農業の考えを取り入れた放牧酪農だった。お菓子の製造・販売を行うユートピアアグリカルチャーの挑戦とは?

『ユートピアアグリカルチャー』が挑戦する、 環境再生型・放牧酪農のお菓子作り

まさに”コロンブスの卵”。大規模化とは真逆の発想で豊かな酪農を実現している「森林ノ牧場」の工夫とは。里山資本主義とこれからの農業の在り方について、地域エコノミストの藻谷浩介氏が説くコラム。

「勤務は週休2日・9時から6時まで」酪農の常識を覆す<森林ノ牧場>の取組み

メリットの多い「放牧」だが、牧草地の管理は大変。そこで、乳牛の放牧をドローンとAIでサポートする実証実験が開始される。ドローンで撮影した牧草写真から、牧草の生育具合をAIで自動判別。その日の最良な放牧エリアを選定し、リモートでゲートを開閉するとのことだ。

乳牛の放牧をドローンとAIで支援!「スマート酪農」実験が開始

近年の規制緩和や消費者の安心・安全志向の高まり、さらにはコロナ不安すらも追い風にして、今アグリビジネスへの注目が高まっている。ここでは、そんなアグリビジネスにおける先進事例から成功の秘訣を学ぶことができる研究会を紹介しよう。

最新アグリビジネスの成功の秘訣は? 先進事例から学ぶ講演レポート

現在搾乳ロボットは、メガ酪農経営のみならず、中堅規模経営にも続々と導入されているという。様々な課題を抱える畜産においてスマート化は、経営の大小問わずもはや必然の波だ。今回は「スマート畜産」のメリットやトレンドの技術について専門家に伺った。

生産力は向上する? 費用対効果は? 専門家に聞くスマート畜産のメリットとトレンド技術

世界ではどのような畜産技術が開発されているのだろうか。ドイツでも、新たなスマート畜産サービスが登場している。今回は「クラウドベースのスマート給餌ソリューション」を紹介。

飼料の最適な配合率が簡単に算出できる! ドイツ発の”スマート給餌ソリューション”

世界で普及が進むスマート畜産サービスをチェック! ドイツでは錠剤型センサーで乳牛のモニタリングができるシステムが登場。乳牛の健康状態や行動を常時モニタリングでき、給餌マネジメントや飼料の配合率の調整にも役立てられている。

“錠剤型センサー”で健康状態をチェック! ドイツ発の乳牛用モニタリングシステム

1 2

特集企画

アクセスランキング

  1. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  2. サカタのタネの”推し品種”の野菜は?3年ぶりにリアル開催した商談会をレポート...
  3. 「環境に優しい」と「儲かる」は両立できる? 農業AIブレーン『e-kakashi』に迫る...
  4. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  5. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  6. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  7. 【農業weekレポート】自動走行車から環境に配慮した資材まで、最新の農業製品が続々登場!...
  8. 農業ビジネスは立地が重要! いちご栽培に向いている地域とは?
  9. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  10. 「ローカル5G×スマートグラス×AR」で行う遠隔地からの農業支援は現実になるか?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正