政策・マーケット

JGAP認証を取得したい人必見!取得をしやすくなるイチオシサービスって?

JGAP認証を取得するには、GAP(農業生産工程管理)を基準通りに行うことが必要だ。クラウド上で作業の記録・共有ができ、管理が楽になるイチオシサービスをご紹介。

GAP支援+ハウス環境見える化!
アグリネット

ネポンが提供する、ハウス栽培を支援するクラウドサービス。ポイントは環境制御もできることにある。

営農日誌や農薬散布記録機能など、GAP認証取得に関わる機能を活用することで品質向上や生産過程の保証となり、GAP認証取得に繋げることができる。

さらに、モニタリングによるハウスの見える化も可能で、温度・湿度・照度・CO2濃度・土壌水分・EC・風向・風速といったデータをハウスで取得(各種データはクラウドに飛び蓄積される)。

分かりやすくグラフ化して、スマートフォンやPCで手軽に確認できるだけでなく、ハウス内設備の設定値を遠隔から設定変更もできる。

問い合わせ

ネポン株式会社 TEL:046-247-3269
価格:基本料金3,980円/月(モニタリングプラン+グループウェアフルプラン)※別途機器工事費用


text: Reggy Kawashima

AGRI JOURNAL vol.06(2018年冬号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  3. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. “食料自給率”を上げるのは誰? 生産者の努力だけで自給率は上がらない
  6. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  7. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  8. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  9. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  10. 食品事故のリスクを下げる! 農家が知っておくべき「一般衛生管理」と「HACCP」とは?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正