道工具・資材

ハウスを積雪から守る支柱ユニットに、強度を上げた新タイプ追加

積雪によるハウスの倒壊を防ぐ「スノーレジスト」に、パイプの径を太くして剛性を高めた48×42セットが新登場。89cmの積雪に耐えられるよう、さらなる強靭化を施した。

パイプの一時撤去も簡単
必要なときだけ設置できる

2018年7月11日~13日、東京ビッグサイトで「施設園芸・植物工場展 2018(GPEC)」が開催された。アグリジャーナル編集部は、会場内の各ブースを徹底取材。注目ブースを、複数回に分けて紹介する。今回は、パイプハウスの強靭化を推奨する佐藤産業だ。

同社が発売しているスノーレジストは、太さの異なる2本の鋼管パイプを組み合わせて、ハウスの強度をアップする耐雪支柱ユニット。ハウスの峰部分に専用部品を取り付けておき、パイプをつっかえ棒のように設置することで、雪が積もっても潰れないように支える。


峰部分に設置する専用部品

パイプは中央部分で分離できるようになっており、積雪の心配がない時期などには外しておくことができる。春・夏・秋にはハウス内を広く使い、冬のみ支柱を追加してハウスの強度を高める、といった使い方が可能だ。


パイプの中央部分の部品を外せば一時撤去できる

同社はこれまで、パイプの太さが32×25のものと、38×32の2種類をラインナップしていたが、今回新たに「48×42」の新モデルを追加した。パイプの径をさらに太くして、強度を高めている。間口6m、峰高4mのハウスに3mピッチで取り付けた場合、89cmの積雪に耐えることができるという。

佐藤産業のブース担当者は、新タイプの開発経緯について「スノーレジストは一時撤去が簡単で、使わないときにはしまっておけるので、もともとは雪国以外のところで使うことを想定していた。しかし雪国からのニーズも多くあったため、従来モデルよりも頑丈な48×42の新商品を開発した」と語っている。

DATA

佐藤産業株式会社

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  3. 除草剤の散布量を9割削減、作業コストを3割軽減!? 自律走行型除草ロボットがスゴい
  4. 食品事故のリスクを下げる! 農家が知っておくべき「一般衛生管理」と「HACCP」とは?
  5. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  6. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  7. 植物自体の状態を整える“バイオスティミュラント”とは? 農家の困りごとに新たな選択肢
  8. ハイスペックで格好良い!「次世代軽トラ」の実力
  9. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  10. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正