道工具・資材

5:6:3が黄金比!? 果菜類に必要な3要素が配合された専用肥料

ナフコにある果菜類専用肥料は「チッソ・リン酸・カリウム」がバランスよく配合されている。野菜に必要な3要素が最適な比率で配合されているから、美味しい野菜を育てることが可能だ。

最高の味を引き出す
果菜類専用肥料

4月を過ぎ、いよいよ夏野菜の植え付けシーズンが到来。今回紹介するのは「チッソ・リン酸・カリウム」の3要素が、果菜類を育てるのに最適なバランスの5:6:3で配合された肥料。トマト、キュウリ、ナス、ピーマンなど、様々な果菜類に幅広く使用できるので、汎用性は抜群。容量は600gと2kgで、畑の規模に合わせて選ぶことができる。ベランダ菜園用の肥料としても人気が高い。

DATA

トマト、キュウリ、ナスの肥料

648円(税込) 容量:2kg


問い合わせ

株式会社ナフコ

TEL:093-521-1685
本社所在地:福岡県北九州市


AGRI JOURNAL vol.11(2019年春号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  3. フリーマガジン「アグリジャーナル」最新冬号1/27(月)発行!
  4. 新規就農支援事業の増額に意味はあるのか? 日本農業の本当の弱点とは
  5. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  6. 世界初! 光合成をリアルタイムで計測する「光合成計測システム」は何が凄い?
  7. 1分でわかる!「農業経営基盤強化準備金制度」
  8. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  9. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  10. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正