生産者の取組み

消費者が支える産直システム「CSA」の魅力とは?

消費者が生産者を直接支える地域支援型農業「CSA(コミュニティ・サポーテッド・アグリカルチャー)」。日本ではまだ馴染みが薄いCSAを昨年から試験的に導入しているという、神戸の農家グループ 「BIO CREATOR’S」に話を聞いた。

有機野菜の啓蒙にも繋がる
生産者と消費者の新たな関係

欧米を中心に浸透しているCSAは、直訳すると地域で支える農業のこと。
消費者は農家から一定期間分の野菜を「不作のリスク」ごと前払いで購入。地域農家を支援する、消費者参加型の産直システムである。

この取り組みを、2016年3月から試験的に導入したのが有機農家たちによる農家グループ「BIOCREATOR’S」だ。毎週野菜を受け取る10週コース/有機野菜の啓蒙にも繋がる生産者と消費者の新たな関係20000円、隔週5週間コース/12000円の2コースを設け、毎回10品目ほどの野菜をパック。消費者は、指定農園、提携カフェ、ファーマーズマーケットといった「ピックアップステーション」で、週1程度、農産物を受け取ることができる。生産者の顔が見える仕組みが好評で、継続率が高く、最初は数人だった会員数が今年は約30人まで増加したという。

123

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  3. 除草剤の散布量を9割削減、作業コストを3割軽減!? 自律走行型除草ロボットがスゴい
  4. 食品事故のリスクを下げる! 農家が知っておくべき「一般衛生管理」と「HACCP」とは?
  5. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  6. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  7. ハイスペックで格好良い!「次世代軽トラ」の実力
  8. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  9. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  10. 高糖度トマトが高可販果率で生産できる! 農家の勘に頼らないAIによる灌水制御とは

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正