注目キーワード

生産者の取組み

消費者が支える産直システム「CSA」の魅力とは?

 

自然によって得た人々の繋がり

「直接手渡しで販売できるコミュニティを形成したくて始めたのですが、評判はいいですね。農園でのやり取りや収穫祭など、野菜以外の繋がりにメリットを感じていただいている方も多いようです」。

そう話すのは、「BIOCREATOR’S」の取りまとめ役を務める「ナチュラリズムファーム」の代表、大皿さん。有機JASの認定を受けている「ナチュラリズムファーム」では、「有機農家を増やしたい」との理念から、研修生を受け入れて積極的に技術支援を実施。そうした視点からもCSAは有効だと大皿さんは続けた。

 

 

< 123>

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  3. 低コストなのに耐候性バッチリ! 台風にも負けない新型ビニールハウスが登場...
  4. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  5. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  6. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  7. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  8. 雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選...
  9. 農作業の効率化も人材マッチングもスマホ1つでスムーズに! 注目のスマホアプリ6選...
  10. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.17 / ¥0
2020/10/14発行

お詫びと訂正