生産者の取組み

トラクターが主役!? 農業イベントで地域活性化へ!

日本の農業の課題ともいえる「高齢化」と「後継者不足」。これらを解消するため、最近では各地で様々な取り組みが増えているが、今回は北海道のある村で行われていた、トラクターを使った農業イベントについて紹介。農家と地元住民との関わりが生みだす、地域活性ストーリーとは?

農業を地域活性に
役立てるために

北海道十勝(とかち)地方に位置する更別(さらべつ)村は、総面積の70%が耕地という日本でも代表的な農業地帯。農家1戸あたりの経営面積はおよそ50ヘクタールという大規模農業の形態が多く、効率を求めた機械化が盛んだ。

そんな更別村では、機械化農業の強みを活かし、農業用トラクターを使ったイベントを過去15回行っていた。

トラクターがレースで競う!?
スポーツイベントで地域を盛り上げる

更別村の農家のトラクター所有台数は、1戸あたり平均なんと5台! この特徴を活かし行われていたのが「国際トラクターBAMBA」だ。

“トラクター”と”ばん馬”を組み合わせたユニークな本イベントは、畑地150mのコース上で、1.5t~3tのソリを引いてトラクターを走らせ勝敗を競う”トラクターレース”が見どころだ。全国から集まったトラクター、そしてトラクターを愛する農家たちの熱いバトルを観戦できる。

来場者は「メカ馬投票」で優勝するトラクターを予想して楽しめるほか、農機協賛メーカーの販促コーナーも設けられ、生産者とメーカーが交流する場としても活用可能。

2017年7月9日に行われたイベントにおける、トラクターレースの様子。

こうした参加型のイベントで、地域の人たちが楽しめるだけでなく、全国から参加者・観戦客が集まり、自治体の活動を全国へアピールできるチャンスにもなっている。更別村の機械化農業という特性を活かした「国際トラクターBAMBA」は、地方創生を成功させる良いモデルといえるだろう。

2018年以降の開催に関しては、前年に村内の一部の畑でジャガイモの病害虫「ジャガイモシストセンチュウ」の生息を確認したことから、農業を守るため中止という苦渋の判断を下したが、現在新たなイベントを模索中だという。

今後もこうした各地域における活性化へ向けた取り組みから、目が離せない。

DATA

国際トラクターBAMBA

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  3. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  6. “食料自給率”を上げるのは誰? 生産者の努力だけで自給率は上がらない
  7. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  8. リアルな狩猟を現地や自宅で体験! 罠の組み立て・設置に参加できる注目の新サービス
  9. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  10. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正