生産者の取組み

成功する農業後継「地道な広報活動で世界進出へ」

1本5000円のレンコン!? それが飛ぶように売れるようになったのは、自社商品のブランド化を目指し、奮闘してきた後継・憲一さんと、生産を支える先代の力があったから。ついに海をこえてニューヨークへ! 野口農園の事業承継エピソード後編。

前編:成功する農業後継「農作物のブランド化を目指す」

ブランドレンコンが売れない!
地道な広報活動へ

「このまま続けていても知名度は上がらない」。憲一さんは、”広報活動にもっと力を入れよう”と思い立った。”ここまで投資してきた500万円が無駄になるのでは”という焦りもあった。

これまで以上に積極的に展示会やマルシェに出店し、各種講演会、レストランのトークセッションなど、地道な広報活動を続け、自社の活動を外部に発信するようにした。この活動は、”レンコンの営業方法が良くわからない”と考えていた憲一さんが、独自に考え、編み出した方法であった。

地道に活動を行っていくと、「博士がレンコンを売っている」「それも1本5000円の高級レンコン」ということで、一つの講演会が次の取材のきっかけとなり、取材記事を見た人が次の取材を依頼する、というようなサイクルが生まれていった。

1度テレビに出演して以降は、コンテンツ力の高さから、テレビや雑誌に連続して取り上げられるようになった。2016年~2017年には、ほぼ2ヶ月に1回、テレビ・雑誌・新聞などに出ていたという。

大手商社との取引口座が
信頼の証に

メディアで取り上げられるたびに、スーパーなど法人の顧客も増えていった。ここで効果を現したのが、前述の、大手総合食品商社に開いてもらった取引口座である。

商談案件がスムーズに取引につながったのは、”大手総合食品商社での取引口座がある”ということが、信用の証となったからであった。

また、メディアに掲載されることで、1本5000円レンコンの注文も入るようになっていった。今思えば、この”5000円という値付けも絶妙であった”と憲一さんは考えている。

もし5000円相当の贈答品を頂いた場合は、やはり”5000円のお返しが必要である”と考える人が多いだろう。地元の贈答品需要の絶妙なマーケットのひとつが5000円という価格帯であったと感じている。

ついに昨年度、1本5000円レンコンに百件近い注文が入り、”最高級の品質を届けるためには、全ての注文には応えられない”というような状況にまでなった。

最高級 適地適作れんこん 化粧箱1本入り

12

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  3. AIがおいしさを判定!? 「食べなくても味がわかる」アプリ登場
  4. 新規就農支援事業の増額に意味はあるのか? 日本農業の本当の弱点とは
  5. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  6. 農業が嫌でたまらなかった……。 “農家の嫁”がキャリアを活かして活躍
  7. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  8. 1分でわかる!「農業経営基盤強化準備金制度」
  9. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  10. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル