注目キーワード

生産者の取組み

成功する農業後継「地道な広報活動で世界進出へ」

ニューヨークにレンコンを売る!?
さらなる挑戦へ

2017年夏、JETRO茨城の西川所長の推薦で、ドバイへ、レンコンのサンプル提供を行うことになる。これは、憲一さんが、普段から茨城県の地域振興について連携していた、筑波銀行常務執行役員の渡辺氏から話をもらったことで実現した。販路を拓くきっかけは、継続的な地道な活動のなかから生まれてくるのだ。

さらにその後も、西川所長の推薦で、アメリカとの食品貿易を手がける商社の副社長、営業担当者との商談の機会を得た。そして、ニューヨークの有名な最高級和食レストランに採用されることになる。

このレストランは、世界中から最高級の食材を集めているという。これは、野口農園のレンコンが、”有名レストランの料理長のお眼鏡に適う品質”であることが証明されたということだ。ニューヨークへの輸出は順調に進み、毎週継続的に納品している。野口農園のレンコンは今日も、ニューヨークのビジネスエグゼクティブに食されている。

このことは、2017年11月に新聞で取り上げられ、「レンコン世界進出」という記事で大きく取り扱われることとなった。ドバイへの輸出のチャレンジも継続している。ブランド化を目指すきっかけとなった「1本1万円」のレンコンの販売も、それほど遠くないのかもしれない。

Facebookで3000人以上が
野口農園を応援してくれている

憲一さんは、これまでの活動によりfacebookで3800人の知り合いが出来た。様々な業界の方がおり、メニュー開発の担当者や、デザインの専門家などもいる。レンコンを使った新しいメニューの提案を、ここで知り合った方々に手伝ってもらい、質の高い企画開発や販促物制作などにも協力してもらっているという。

憲一さんは、この効果的な販促ツールを最大限活用し、今後も積極的に展示会や講演会で自社をアピールしていく予定だ。

顧客やこのような知り合いの方々のおかげで、2018年には雇用を増やし、農園の生産規模を11haに拡大する計画となっている。國雄さんと憲一さん親子の、世界に向けた挑戦は、まだまだ続いていく。

※次回配信をお待ち下さい。

話を聞いた人

野口農園MD&採用担当取締役 茨城県かすみがうら市生まれ 36歳

野口憲一(のぐちけんいち)さん

野口農園代表者 茨城県かすみがうら市生まれ 67歳

野口國雄(のぐちくにお)さん

取材

「親子農業」研究員 ㈱ビジネス・ブレークスルー所属

乾祐哉

監修

親子農業指導教官 ㈱みやじ豚代表取締役

宮治勇輔

農業後継者のための事業承継講座 開講中!

新シリーズ!「成功する農業後継」
深刻な農家の後継者問題。いったい息子・娘たちは何を考えているのか? また、父母は何を考えているのか? 双方の想いがわかる、農業後継の成功実話と継承のポイントを紹介。農家の事業承継のヒントが、きっと見つかる。
< 12

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 2時間で“スマート農業の将来”がわかる! 無料のオンライン報告会が開催...
  3. いま考えよう! 水稲農業のこれから《水稲サミットオンライン》1/22(金)緊急開催...
  4. 多用途ハイブリッドトラクターとは!? 海外の有望スタートアップ企業が生み出す農業ロボット4選...
  5. アフターコロナで農業はどうなる? 人々の農業観に変化はあったのか
  6. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  7. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  8. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  9. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  10. 【知って得する】若手農家必見! 農家が知るべき3つの「生産性」とは?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.17|¥0
2020/10/14発行

お詫びと訂正