「トマト」の検索結果

広大な農地を有し、冷涼な気候に恵まれた北海道は、農業に適した地域だ。他所に比べて若手農家の数も圧倒的に多く、「北海道アグリネットワーク」には、現在およそ1800人もの会員が所属している。この“大所帯”のリーダーを務めるのは、平取町でトマトと水稲の生産に携わる、24歳の水野弘樹さん。内に熱い思いを秘めた、期待の若手農家だ。

「生活の質が上がれば仕事の質も上がる」海外での生活を経た4H北海道会長が語る、アイヌ文化とイナキビの魅力

オフィスで活躍するロボットや企業のオリジナルロボット、特殊ドローンなどを制作する株式会社スマートロボティクスが、ビニールハウス内でミニトマトを自動で収穫する、自動走行型アームロボットの実証実験を開始した。

2020年春の実用化を目指すミニトマト収穫ロボットの実証実験を開始!

新たに施設栽培を始めても、利益を上げるのは容易ではない。今回は、それを実現するだけでなく、地域や日本農業にも貢献したいと意欲を燃やす、『真呼吸』ユーザーの東馬場農園を訪ねた。

低コストかつ長期使用可能な低温CO2施用機とは? 地域の人気トマトを「真呼吸」が支える

ナフコにある果菜類専用肥料は「チッソ・リン酸・カリウム」がバランスよく配合されている。野菜に必要な3要素が最適な比率で配合されているから、美味しい野菜を育てることが可能だ。

5:6:3が黄金比!? 果菜類に必要な3要素が配合された専用肥料

施設栽培生産者にとってCO2の問題は切っても切り離せない。「CO2を適切に供給すれば収量が増える」とはいえ、CO2施用機はあまり普及していない。そんな現状を変える決定打となりそうな製品がついに登場した。

ハウスでの収量不足に悩む農家必見! 夏でも使える”低温CO2施用機”がスゴい

6月27日(木)、マイナビ農業が「人材」についての特別講座を開催! 「とにかく募集が集まらない」「採用した従業員がすぐに辞めてしまう」など、心当たりのある生産者にとって見逃せない講演内容だ。

農業の人材採用・定着の「肝」とは? マイナビ農業が採用力アップセミナーを開催!

買い手と直接取引できるオンラインプラットフォームは、取り入れやすいIT活用の方法だ。消費者とのコミュニケーションを日々のモチベーションに変え、ファンを増やしている夫婦のもとを訪ねた。

“おいしかった”の声が直接届く! 消費者と繋がる「オンラインマルシェ」

いまでこそ人気の高いフルーツトマトを、昭和60年頃から生産しているタカギ農場。現在は6次産業化として農園レストランをオープンし、県外からも多くの人々が訪れている。

ブランド化したフルーツトマトが味わえる!新潟県の農家レストラン

ハウス栽培で高品質な作物を育てるには、潅水の「タイミング」と「適切な量」を見極めることが大切。とはいえ、限られた時間の中で、観察や判断に長い時間費やすのは難しい。そこでおすすめなのが、AIを活用した自動潅水システムだ。

ハウス栽培の強い味方! 成長に合わせて自動潅水するAIシステムって?

静岡でトマト生産を行う若手農業法人・サンファーム中山。売れ行きが好調な理由は、ロジカルな思考と先端技術の活用にある。AIを用いた潅水システムを導入するだけでなく、静岡大学と協力して"最適なタイミングで農薬を散布するシステム"を開発中だ。

AIで潅水、農薬散布まで!? 若手農家のトマトが売れる「3つの理由」

1 2 3 4

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  3. “食べられるバラ“を新たな形に! 女性起業家が切り開く農業の未来とは
  4. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  5. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  6. AIがおいしさを判定!? 「食べなくても味がわかる」アプリ登場
  7. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  8. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  9. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  10. ハイスペックで格好良い!「次世代軽トラ」の実力
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル