「ファッション」の検索結果

農業ウェアのプラス1アイテムとして、温度調節の難しい時期の農作業を支える “ベスト”アイテムをご紹介。機能性はもちろんのこと、作業がはかどるような、ワクワクするオシャレアイテムたち!

温度調節が難しい今にぴったり! 農作業を支える選りすぐりの農業ウェア4選

暑くてつらい夏場の農作業を快適に! 優れたデザインと高い機能性を兼ね備えた、今夏注目のアイテムをピックアップ。

この夏ゼッタイ欲しい! 暑い日の農作業におすすめの快適アイテム4選

総合産業機械メーカーのヤンマーと、ジーンズメーカーのベティスミスが共同開発したのは、農作業にも適したデニム生地の作業エプロン。性別、体型などを問わず誰でも使いやすく、着脱しやすいユニバーサルなデザインが特徴だ。

ヤンマー×ベティスミス! 1枚で3倍使える作業エプロン

福島県の農家と岡山県のデニム職人が手を組んで、「畑に立つ人のワークウェア」の商品化に向けたクラウドファンディングがスタートした。すでに目標金額の40%が集まっており、大きな注目を浴びている。

農家の声から生まれたワークウェア、クラウドファンディングを開始!

令和元年はワークウェア以外のアイテムに挑戦! 取引先訪問やマルシェでの接客にも使えそうなジャケット&パンツを紹介。

普段使いもOK! この春、農家が着たい「きれいめセットアップ」

1月に開催された『markerhood MARKET』で、あるエプロンが注目を集めた。機能性とファッション性に優れたこのエプロンには、開発に携わった果樹農家の想いが込められている。

カッコよすぎる「果樹農家用エプロン」新潟市の農園とコラボ開発

今年絶対に買うべき、機能性バツグンの農業アイテムをピックアップ! オシャレなファッションアイテムから畑仕事に欠かせないツールまで、遊びゴコロ満載のデザインが気分をアゲてくれる。

2019年絶対買い! 使いやすくてオシャレな「農業アイテム」12選

冬の厳しい寒さをものともしない、メイドインジャパンの高機能なワークウェア&アイテムをご紹介。あったかウェアを身につけるだけで、外での農作業が一段と快適に!

農作業用”あったかアイテム”は流行りのコーデュロイでオシャレに!

電子版・紙版どちらかの読者アンケートにお答えいただいた方を対象に抽選でお送りしている、読者プレゼントのお知らせです。毎号役立つアイテムをご用意しています。最新号の応募締切は12月31日!ぜひご応募ください!

農作業に活躍するアイテムを、読者様にプレゼント!

冬の農作業は寒さとの闘い。厳しさ極まる冬に備えて、足元を温かく守ってくれる最新ブーツがある。それが「防寒キルト長靴」だ。そこで、これから収穫本番を迎える群馬の人気白菜農家に試してもらった。

履くだけで断然温かい! 冬時期の作業が捗る「防寒キルト長靴」

1 2 3 5

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  3. AIがおいしさを判定!? 「食べなくても味がわかる」アプリ登場
  4. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  5. 新規就農支援事業の増額に意味はあるのか? 日本農業の本当の弱点とは
  6. 農業が嫌でたまらなかった……。 “農家の嫁”がキャリアを活かして活躍
  7. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  8. 1分でわかる!「農業経営基盤強化準備金制度」
  9. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  10. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル