政策・マーケット

中山間地農業を元気に!ルネッサンス事業が新設

全国の耕地面積の約4割、総農家数の約4割を占める、中山間地の農業を元気にする制度「中山間地農業ルネッサンス事業」が新たに始動する。どのような制度なのか?

地域の特色を生かした農業を
応援する制度が新設

全国の中山間地はいま、傾斜がきついなど地理的に不利な条件に加え、鳥獣被害の増加、人口減少・高齢化による担い手不足など、厳しい状況に置かれている。一方で、平地に比べて豊かな自然、景観、気候、風土条件を生かせば、中山間地での農業も、十分に収益力を高められる可能性を秘めている。

そこで、棚田に代表されるような中山間地の特色を生かして、経営規模にかかわらず、意欲的に取り組む生産者を支援し、中山間地農業を元気にしていくため新設された制度が「中山間地農業ルネッサンス事業」だ。

農地をはじめとする地域資源の維持・継承を図りつつ、地域の特色を生かした農業の展開、都市農村交流や農村への移住・定住の促進を目指して、国は平成29年度に400億円を計上。中山間地農業の振興を図る計画を都道府県が策定し、それに基づいて国が支援事業の採択を行う流れになる。

農業×多方面での連携を支援
地域交流の仕組みづくり

具体的に支援対象として想定されているのは、例えば次のような取り組みだ。地域の特色を生かした農業を展開するためには、農地や農業施設の改善、集落営農の法人化など生産体制の確立、6次産業化やブランディング、あるいは地産地消の取り組みなどが考えられる。

また、都市農村交流や農村への移住・定住を図る試みとしては、インバウンド需要を呼び込む農泊、農業だけでなく教育・福祉などと連携した交流の仕組みづくりも考えられるだろう。さらには、新たな取り組みを加速にするにあたって、専門知識を持つ外部専門家によるきめ細かな営農指導や、地域を牽引するリーダーの確保・育成など、人材の充実も欠かせない。

生産者には大きなチャンス!
交付金や補助率の引き上げも

中山間地農業ルネッサンス事業では、こうした各種の取り組みに際して、中山間地への優先枠の設定や、交付金の条件緩和、補助率の引き上げなど、包括的な制度拡充が行われる。中山間地で農業に取り組む生産者には大きなチャンス。詳細は農水省、もしくは都道府県の担当部署に問い合わせてほしい。


Text: Kazuko Kojima

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  3. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. “食料自給率”を上げるのは誰? 生産者の努力だけで自給率は上がらない
  6. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  7. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  8. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  9. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  10. 食品事故のリスクを下げる! 農家が知っておくべき「一般衛生管理」と「HACCP」とは?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正