注目キーワード

政策・マーケット

JAも適用対象になるの?「独占禁止法」の意外な真実

JA土佐あきが独占禁止法違反で排除措置命令を受けてから、ほぼ半年が過ぎた。この事案で浮き彫りになった独占禁止法への誤解について、中央大学大学院戦略経営研究科教授の杉浦宣彦さんにお話を聞いた。

抵触案件と独占禁止法
間違った理解
 

JAグループ内でJA土佐あきが独占禁止法違反で排除措置命令を受けて、ほぼ半年が過ぎ、現在も全国各所のJAで独占禁止法関連の講習会等が開催されている。

JA土佐あきの事案は、なすの販売を受託をすることができる組合員を生産部会から集出荷場の利用を了承された者に限定していたところ、JA土佐あき以外の者になすを出荷したことで生産部会を除名された者からのなすの販売を受託しないことが、独占禁止法19条の拘束的条件付取引とみなされ、排除措置命令が出され、同様な行為を行わないことや規定の改定等を命じられた事案である。

事案の詳細を検討すると、これが拘束条件的取引に該当するかはいくつかの疑問があり、実際、本件は東京地裁にて現在も係争中である。本事案が報道されたとき、相当数のJA関係者が独禁法は協同組合の一定の行為について独占禁止法の適用を除外しており、この規定があるからJAの活動が独禁法に抵触することはないと主張していたが、それは大きな誤解だ。

12>

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. Amazonが農業資材ストアをオープン! 数千点の資材をオンラインで購入可能に...
  2. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  4. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  5. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  6. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  7. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  8. 雑草・病害虫の判別AIアプリが進化! 対象作物の拡大、診断履歴も地図上で可視化!...
  9. クボタと三菱マヒンドラ農機が業務提携に合意! 農業の現場は何がどう変わるの?...
  10. 農業の未来を変える!? ロボット草刈機の実力を徹底検証

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.18|¥0
2021/1/26発行

お詫びと訂正