注目キーワード

政策・マーケット

ハチの減少を食い止め保護に繋げる! 世界中に住処を増やすオープンソースプロジェクト

現在、世界全体で2万種以上のハチが生息している。ところが、近年の気候や農業環境などにより、個体数が減少している。そんなハチたちを守り、より多くの生態系をグローバル規模で保護しようという試みがスウェーデンで行われている。

単生バチやハチを取り巻く
生態系の保護につなげる

「ビー・ホーム」とは、スウェーデン発の家具量販店イケアの専門研究機関「スペース10」が創設したオープンソースデザインプロジェクトである。群居しない単生バチの生態に基づいて独自の巣箱を設計し、その設計データをオープンソースとして公開。誰でも自由にこのデータを用いて巣箱を制作でき、庭や屋上などに設置することで、単生バチとこれを取り巻く生態系の保護につなげるのが狙いだ。
 
この巣箱は、設置場所に合わせて大きさや高さなどを設定したうえで設計データをダウンロードし、このデータをもとにCNCルーターで木材を切断して、パーツを組み合わせていく仕組み。設計データを編集してデザインをカスタマイズすることも可能だ。組み立てには日本の指物の技法が応用されており、釘などを一切必要とせず、リサイクルしやすい構造となっている。
 

 
現在、世界全体で2万種以上のハチが生息し、農作物を含め、約90%の植物の花粉を媒介している。とりわけ単生バチはミツバチの120倍の受粉効率を持つ優れた受粉媒介者であり、温厚で人間に危害を加えることもない。しかし近年、気候変動や干ばつ、農薬散布などの要因により、ハチの個体数は減少している。
 
「ビー・ホーム」は、誰もがどこからでも自由に参加でき、単生バチの住処を世界中に増やすことで、ハチたちを守り、より多くの植物の受粉の媒介を支え、私たちの生態系をグローバル規模で保護しようという試みだ。

©Irina Boersma




AGRI JOURNAL vol.16(2020年夏号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 生産者と農業関連企業がオンラインで繋がる! 業界初となるオンライン展示会が開催中...
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  5. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  6. 雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選...
  7. 無農薬・減農薬でも規模拡大! お米の高付加価値化を実現する若手農家のノウハウに迫る...
  8. 今からでも遅くない除草アイテム! 腰痛対策に抜群なカインズの草刈り鎌...
  9. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  10. 太陽光発電を活用し、天候や昼夜を問わず種まきと除草を自動化できる自走式ロボットとは?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.16 / ¥0
2020年7月30日発行

お詫びと訂正