注目キーワード

政策・マーケット

ハチの減少を食い止め保護に繋げる! 世界中に住処を増やすオープンソースプロジェクト

現在、世界全体で2万種以上のハチが生息している。ところが、近年の気候や農業環境などにより、個体数が減少している。そんなハチたちを守り、より多くの生態系をグローバル規模で保護しようという試みがスウェーデンで行われている。

単生バチやハチを取り巻く
生態系の保護につなげる

「ビー・ホーム」とは、スウェーデン発の家具量販店イケアの専門研究機関「スペース10」が創設したオープンソースデザインプロジェクトである。群居しない単生バチの生態に基づいて独自の巣箱を設計し、その設計データをオープンソースとして公開。誰でも自由にこのデータを用いて巣箱を制作でき、庭や屋上などに設置することで、単生バチとこれを取り巻く生態系の保護につなげるのが狙いだ。
 
この巣箱は、設置場所に合わせて大きさや高さなどを設定したうえで設計データをダウンロードし、このデータをもとにCNCルーターで木材を切断して、パーツを組み合わせていく仕組み。設計データを編集してデザインをカスタマイズすることも可能だ。組み立てには日本の指物の技法が応用されており、釘などを一切必要とせず、リサイクルしやすい構造となっている。
 

 
現在、世界全体で2万種以上のハチが生息し、農作物を含め、約90%の植物の花粉を媒介している。とりわけ単生バチはミツバチの120倍の受粉効率を持つ優れた受粉媒介者であり、温厚で人間に危害を加えることもない。しかし近年、気候変動や干ばつ、農薬散布などの要因により、ハチの個体数は減少している。
 
「ビー・ホーム」は、誰もがどこからでも自由に参加でき、単生バチの住処を世界中に増やすことで、ハチたちを守り、より多くの植物の受粉の媒介を支え、私たちの生態系をグローバル規模で保護しようという試みだ。

©Irina Boersma




AGRI JOURNAL vol.16(2020年夏号)より転載

関連記事

農業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 青果市況情報を無料アプリでチェック! 卸値価格の分析で販路開拓・売上向上へ...
  2. LEDの赤い光でアザミウマが1/10に!ピーマンで効果を実感
  3. 軽トラカスタムの新潮流!親しみやすさが人気の『レトロカスタム』
  4. 業界初!60度の急斜面でも草刈り可能な草刈機「ベローン」で安心・安全&ラクな作業へ...
  5. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  6. 手強い雑草を制しつつ、環境にも優しい? “二刀流”の除草剤を使いこなせ!...
  7. 強力な多年生雑草もすっきり一掃! コメリのおすすめ除草剤「マルガリーダ」とは?...
  8. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  9. ハウス内を自動で防除する!丸山製作所の農薬噴霧ロボット「スマートシャトル」に迫る...
  10. 病害虫を特定!農薬検索・購入までできる診断アプリ「エクスペスツ」体験レポート...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.32|¥0
2024/07/19発行

お詫びと訂正