注目キーワード

政策・マーケット

導電性液体散布&電荷をかけて除草完了! 新たな雑草防除ソリューションが登場

シンプルなアイデアからIoTまで、海外の幅広い農業イノベーションをチェックしよう。今回紹介するのは、導電性液体と電荷を用いた除草する新ソリューション。雑草に無毒の導電性液体を散布したうえで、電荷をかけてこれを枯死させ、除草する仕組みだ。

導電性液体と電荷で除草する
新ソリューションが欧州進出

オーストラリアの大手農薬メーカーニューファームとドイツのスタートアップ企業クロップゾーンは、2020年10月、独自の除草ソリューションの欧州市場での実用化に向けて提携した。

化学プロセスと物理的プロセスを融合させたこのソリューションは、雑草に無毒の導電性液体を散布したうえで、電荷をかけてこれを枯死させ、除草する仕組み。有機農業ガイドラインに準拠しており、既存の化学合成除草剤に比べて、雑草防除の効率性が高く、エネルギー使用量を抑え、環境への負荷も軽減できるのが利点だ。

2021年にドイツとベネルクス諸国でこのソリューションの提供を開始した後、ニューファームの販路を活用して、欧州市場に展開していく方針だ。

©CROP.ZONE GmbH


文:松岡由希子

AGRI JOURNAL vol.18(2021年冬号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  3. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  4. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  5. 「ローカル5G×スマートグラス×AR」で行う遠隔地からの農業支援は現実になるか?...
  6. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  7. この20年で農業は”こう”変わった。農業経営がしやすい時代はやってきたのか?...
  8. 農業ビジネスは立地が重要! いちご栽培に向いている地域とは?
  9. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  10. 進化が止まらない!個性豊かな「2022年おすすめトマト品種」

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正