注目キーワード

政策・マーケット

導電性液体散布&電荷をかけて除草完了! 新たな雑草防除ソリューションが登場

シンプルなアイデアからIoTまで、海外の幅広い農業イノベーションをチェックしよう。今回紹介するのは、導電性液体と電荷を用いた除草する新ソリューション。雑草に無毒の導電性液体を散布したうえで、電荷をかけてこれを枯死させ、除草する仕組みだ。

導電性液体と電荷で除草する
新ソリューションが欧州進出

オーストラリアの大手農薬メーカーニューファームとドイツのスタートアップ企業クロップゾーンは、2020年10月、独自の除草ソリューションの欧州市場での実用化に向けて提携した。

化学プロセスと物理的プロセスを融合させたこのソリューションは、雑草に無毒の導電性液体を散布したうえで、電荷をかけてこれを枯死させ、除草する仕組み。有機農業ガイドラインに準拠しており、既存の化学合成除草剤に比べて、雑草防除の効率性が高く、エネルギー使用量を抑え、環境への負荷も軽減できるのが利点だ。

2021年にドイツとベネルクス諸国でこのソリューションの提供を開始した後、ニューファームの販路を活用して、欧州市場に展開していく方針だ。

©CROP.ZONE GmbH


文:松岡由希子

AGRI JOURNAL vol.18(2021年冬号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  4. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは...
  5. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  6. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  7. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  8. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  9. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  10. トマトのスペシャリストを育成する学校がある!? 高収量をあげる卒業生を輩出するアカデミーに潜入...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.18|¥0
2021/1/26発行

お詫びと訂正