投稿一覧

地球温暖化による気候変動や、市場の急速な変化への対応……高齢化が進む日本の農業において、栽培技術や環境・風土に関する知見を効率よく共有できる仕組みは、もはや不可欠といっていい。そんな課題を解決してくれるのが、この「e-kakashi」だ。

農業IoTで栽培技術や知見を効率良く共有する

大きな変革期を迎えている日本の食・農に対して、富士通は、2012年からICT活用によって生産現場から経営までをサポートするサービス「食・農クラウドAkisai(秋彩)」を提供している。ここでは、その多岐にわたるサービスの概要について紹介しよう。

生産現場のICT活用で、日本の食・農を新たな展開へ

周りより農業を始めたのが遅くたって、機械に頼れば関係なし!効率的で楽で儲かる農業には機械化が欠かせない。話題の「スマート農業」を現場では一体どのように活用されているのか?千葉県旭市でトマトの栽培を行っている荒井さんにお話を伺った。

機械と育む農業生活 機械化は農業人をいかに救うのか

高級みかんジュースがヒットしている理由は?和歌山県有田市で早くから6次化を進める早和果樹園社長の秋竹新吾さんに話を聞いた。

農家の6次化成功事例! 和歌山で生まれた「高級みかんジュース」

「食べる宝石」をコンセプトにした高級イチゴが、自分へのご褒美や大切な人への贈り物として売れ筋商品になっている。実現の秘訣は、地元のイチゴ農家の職人技とITを融合した最先端施設園芸にあった。

まるで宝石! 地元農家とITのつながりで生まれた”最高品質のイチゴ”

毎日の農作業が、ファッションひとつでもっと楽しく、効率的に! 農業をワクワクさせてくれるアイテムから、今回はレディースファッションアイテムを紹介。

農業女子向け! 農作業を楽しくするファッション5選

昨今の農作業・園芸グッズはハイセンスなもので溢れています。 次世代の農的アイテムの中から、今回はメンズアイテム6つを紹介!

機能性にもこだわった農業男子ファッション6選

「環境」や「安全」が社会の価値の基軸になった時、農業と小規模発電事業を行う「エネルギー兼業農家」は、最前線に立つことになる。『儲かる農業論 エネルギー兼農家のすすめ』著書、慶応大学経済学部教授の金子勝教授に話を聞いた。

これからの農業は、 「エネルギー兼業農家」が創る

いま農業で最も旬なキーワードが6次産業化だ。農業をはじめ、林業、漁業の6次産業化による経済的成長を促すために発足されたA-FIVEのサブファンドが注目されている。

日本の6次産業が急成長!? 「サブファンド」という特効薬

農業の世界は、これからどのように変わっていくべきなのか?「JAグループの自主改革に関する有識者会議」の座長を務めた中央大学ビジネススクール教授・杉浦宣彦氏に聞いた。

農作物の「加工」で、農業の産業化を

1 59 60 61 62 63

アクセスランキング

  1. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. 農家の声から生まれたワークウェア、クラウドファンディングを開始!
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  6. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  7. 【事例紹介】農福連携~企業・福祉施設・行政の取り組み
  8. 暑さに負けないトマトを作るには? ハウス栽培は「白色資材」に注目!
  9. 無人自動運転がアツい! 「レベル2」のスマート農機が本格販売開始
  10. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.11 / ¥0
2019年4月15日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル