投稿一覧

若い就農希望者は増えている一方、雇用インフラは未整備で有望な人材を活かせていない。人づくりを通して農業の活性化に一石を投じる「農援隊」の戦略を探る。

何者!? 日本の農業を盛り上げる「農援隊」

“疑心暗鬼”な消費者、“暗中模索”な農家。両者を繋ぎ農業を盛り上げるSNSが登場!農家の見える化でファンが生まれ、購入や農作業等の具体的な応援に繋がる仕組みだ。

農家専門ウィキペディアがいよいよ登場!?

ヤンマーのトラクター「YT3」シリーズが、2016年度グッドデザイン金賞を受賞するという快挙を遂げた! 1980年に「金賞」が設定されたグッドデザイン賞において、農業トラクターの「金賞」受賞は初めてのことである。一体、何処が評価されたのか?

グッドデザイン金賞のヤンマー製トラクター、何が凄いの?

農業女子PJとワコールのコラボレーションで、付け心地快適な「農業女子のための下着」が発表。1年間の開発期間を経て誕生した製品には、農作業時の「あるある」な悩みを解決する機能が備わっているという。

農業女子が快適下着をプロデュース!

「IoT」や「ICT」を活用して、安定的かつ高い収量を実現する「スマート農業」は、すでに実用段階に入ったといっても過言ではない。そんな「スマート農業」を近畿大学の星教授が語る。

「スマート農業」の現状と進む先は?

情報交換やネットワーキングのみならず、農作物の売買や資金調達の手段として、食や農業の分野でもオンラインプラットフォームの活用が進んでいる。

消費者との関係を変えた、世界のwebサイト

「作る」「食べる」「学ぶ」をテーマに、新しい農業ビジネスを展開する『えと菜園』の経営者、小島希世子さん。まさに新しい農業をイメージする上でアイコン的な存在といえる彼女が描く、未来図を聞いた。

野菜育ては、人育て。“農”の力を活かして人をつなぐ

食と農を体感できるアグリツーリズムは、消費者と農家、そして地域の“三方よし”を実現する観光形態として注目され、各国で市場が拡大しつつある。

世界中で続々! オンラインを活用したアグリツーリズム

オフの日や出荷時など”ここぞのとき”のお洒落作業着。そんな服は見た目だけじゃなく中身も大事に選びたい。一目おかれる次世代農家ウェアをご紹介!

農業をオシャレに! 次世代農家ウェア4選

「第三のトコロ IMAGO(イマーゴ)」とマイファームの農業サービスのタイアップで、農業の新しいスタイルが提案される。

個性派のLOG小屋で、新しい農スタイルが流行るかも?

1 59 60 61 62 63 67

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 農家の新しいつながりを作る!  プラットフォーム6選
  3. フリーマガジン「アグリジャーナル」最新夏号、7/16(火)発行!
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  6. AIがデータを収集して解析!? イギリス農業はここまで進化していた
  7. コレひとつで幅広い雑草に効く! 水稲農家におすすめの除草剤って?
  8. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  9. 肥料代ゼロ! 緑肥作物を利用した地球に優しい農業
  10. 無人自動運転がアツい! 「レベル2」のスマート農機が本格販売開始

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.12 / ¥0
2019年7月16日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル