投稿一覧

情報交換やネットワーキングのみならず、農作物の売買や資金調達の手段として、食や農業の分野でもオンラインプラットフォームの活用が進んでいる。

消費者との関係を変えた、世界のwebサイト

「作る」「食べる」「学ぶ」をテーマに、新しい農業ビジネスを展開する『えと菜園』の経営者、小島希世子さん。まさに新しい農業をイメージする上でアイコン的な存在といえる彼女が描く、未来図を聞いた。

野菜育ては、人育て。“農”の力を活かして人をつなぐ

食と農を体感できるアグリツーリズムは、消費者と農家、そして地域の“三方よし”を実現する観光形態として注目され、各国で市場が拡大しつつある。

世界中で続々! オンラインを活用したアグリツーリズム

オフの日や出荷時など”ここぞのとき”のお洒落作業着。そんな服は見た目だけじゃなく中身も大事に選びたい。一目おかれる次世代農家ウェアをご紹介!

農業をオシャレに! 次世代農家ウェア4選

「第三のトコロ IMAGO(イマーゴ)」とマイファームの農業サービスのタイアップで、農業の新しいスタイルが提案される。

個性派のLOG小屋で、新しい農スタイルが流行るかも?

農業と発電、2つの事業を同時に行う営農型ソーラーが注目を集めている。つくった電気は、電力会社が買い取ってくれるから収入アップは確実だ。せっかくの広い土地、農作物を作っているだけではもったいない!?

電気を売って収入アップ! 話題の「ソーラーシェアリング」の仕組み

4月1日から改正農協法が施行され、単協のなかにも女性理事を登用・増員する動きが増えている。婦人部では、料理教室や食育など子どもを巻き込んだイベント活動も多くなっているという。今回は新規就農者を増やすカギを紹介。

新規就農者が増える2大メソッド

生協では、消費者が生産物を共同購入することで農家を支えている。北海道のメノビレッジでは、その活動を小さなコミュニティ内で完結させ、消費者と生産者の距離をグッと近づけている。彼らが実践している新しい形の産直システム「CSA」を紹介する。

これからの新しい農業の形「CSA」ってなに?

第7回 ロボット大賞で、ヤンマー株式会社の「ロボットトラクタの研究開発」が ロボット大賞(農林水産大臣賞)を受賞、井関農機株式会社の「土壌センサー搭載型 可変施肥田植機」が優秀賞を受賞した。

“ロボットトラクタ”実用化で、農作業が楽になる?

女性に人気のフルーツトマト「ドロップファームの美容トマト®」。新規就農の女性たちでも自信を持って栽培できる理由は、農業クラウドでの栽培管理にあった。

農業女子が作るブランドトマト! 人気の理由は?

1 57 58 59 60 61 64

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  3. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  4. 田んぼの水位をスマホで確認! 見回り時間を大幅削減するツールとは?
  5. 無人自動運転がアツい! 「レベル2」のスマート農機が本格販売開始
  6. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  7. 肥料代ゼロ! 緑肥作物を利用した地球に優しい農業
  8. 農業版カーナビ「AgriBus-NAVI」が無料で使える!
  9. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  10. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.11 / ¥0
2019年4月15日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル