就農

カンボジアで農業体験! 海外で価値観を広げよう!

日本では決して体験できないような農業に触れられる海外ツアーがある。その名も『農スタ』だ。このツアーを通じて、未知の価値観を学び、広い視野を持つことで、自身の可能性を広げることができるのだという。いったいどのような内容なのか……?

『農スタ』でカンボジア農業ツアー
未知の価値観で可能性が広がる!

現在、日本の農業は、農業従事者の高齢化、後継者不足、食料自給率の低下、農業人口の減少など多くの問題を抱えている。そんな中、日本一アグレッシブな農業法人を目指す株式会社アグレスでは、経営理念である「日本農業を革新する」を実現すべく、それら課題を解決するために様々な取り組みを実施している。その一つが『農スタ』だ。

『農スタ』とは「農業スタディ」の略で、海外で農業を営む人々のもとへ行き、現地の農業体験ができるツアーとなっている。現地で出会う未知の価値観と農業の多様性を学ぶことで、帰国後に自身の可能性を広げてほしいという想いのもと、本ツアーは企画された。

 

関連記事

施設園芸・植物工場展 2018 (GPEC)

アクセスランキング

  1. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  2. ハイスペックで格好良い!「次世代軽トラ」の実力
  3. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  4. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  5. 話題の「スーツに見える作業着」を農家が初導入!
  6. 肥料代ゼロ! 緑肥作物を利用した地球に優しい農業
  7. 若者新規就農者が3年連続で2万人超 後継者不足は?
  8. 2018年度産から適用の「減反廃止」。農家への影響は?
  9. パワフルなバッテリー式刈払機。その実力は?
  10. “誰でもできる”高糖度トマトの農法を聞いてきた!
農業×IT OPTiMが描く、スマート農業。 株式会社キャムズ|動物防止柵や太陽光発電所フェンス等の販売 営農支援サービス 天晴れ|国際航業株式会社     あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.07 / ¥0
2018年3月30日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル