就農

「最先端トマト農家」になるための学校が開校

seiwa03

ここでは、収量アップのための栽培技術はもちろん、経営やマネジメントについても学ぶことができる。
「通年で学ぶことによって、季節に応じた適切な栽培管理技術を身に付ける事ができます。また、最先端の設備で『統合環境制御』による栽培管理を経験する事で、施設・設備・資材に求められる機能やその重要度がわかり、ご自身の目指す経営方針に合った投資や要求仕様を見極める力を養うことができるようになると考えます。統合環境制御の考え方は、今後益々重要になります。我々はトマトパークによる情報発信や教育に力を入れ、業界に貢献していきたいです」(トマトパーク事業部部長・西田さん)。

適切な戦略を打ち出し、実践することが出来る農業経営者を育てることは、業界を活性化させ、農業をより魅力的な産業へと導いてくれそうだ。

aj_SEI20160810_2c

「人を育てることで、業界全体に還元していきたい」と語る、トマトパーク事業部部長の西田さん(右)。トマトパーク事業部栽培課長の杵渕さん(左)。


株式会社誠和 公式サイト


取材・文/小高朋子

12

関連記事

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  4. 熱気に包まれた「全国青年農業者会議」の2日間。全国の若手農家が集結
  5. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  6. 発芽・育苗を成功させるならコレ! ダークピートを使った”超人気培土”
  7. 無人自動運転がアツい! 「レベル2」のスマート農機が本格販売開始
  8. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  9. 「先端技術アワード農業2.0」で登場した3つのITサービス
  10. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.10 / ¥0
2019年1月18日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル