道工具・資材

肥料代ゼロ! 緑肥作物を利用した地球に優しい農業

農家にとって生産コストは死活問題! でも、もし肥料代のコストがゼロなら、利益はもっと増えるのでは? 今回は、肥料代ゼロでも収量を確保している、とある農家による"緑肥"の話をお伝えしよう。

緑肥で環境負荷の少ない農業!
化成肥料は地球温暖化の一因に


<チッ素固定もできる見た目も美しい「クリムソンクローバ」(写真提供:雪印種苗株式会社)>

緑肥とは、栽培した植物を収穫せずそのまま田畑にすき込み(土壌と共に耕し)、後に栽培する作物の肥料にするもの。

なぜ緑肥が優れているのか? 通常、1トンの化学肥料を作るのに、原油760リットルが必要だという。この化学肥料1トン当たりのCO2排出量は2.07トンにも上る。それが地球温暖化の一因にもなっている。また、原油価格は高止まりしており、それに伴い化学肥料も値上がりしている。これでは農家の努力に関わらず、安定して利益を確保するのは容易ではない。地球環境のためにも、農家が安定した利益を確保するためにも、緑肥は非常に優れているのだ。

他にも、様々なメリットがある。物理性の改善(土壌団粒構造の形成・透水性の改善)、化学性の改善(保肥力の増大・空中窒素の固定など)、生物性の改善(土壌微生物の多様性改善・土壌病害の抑制など)といった土壌環境改善のほか、景観美化・炭素貯留量の増加(排出CO2削減)といった環境保全、それに表土流亡・飛砂防止・雑草抑制などにも有効だ。

緑肥を使い収量を確保する
有機栽培農家

雪印種苗の新製品発表会にて、伊豆陽なたビオファーム主催の米倉賢一さんは、「緑肥作物を活用した環境にやさしい野菜栽培 -生産性の向上とCO2の排出削減を目指して-」という講演を行った。米倉さんは、耕作放棄地で有機栽培を開始して以来、徐々に規模を拡大、現在は51.3aの農地でジャガイモ(春秋)、タマネギ、ナバナ・ニンジン(夏冬)などを緑肥だけで生産している。同氏の緑肥を活用した手法に雪印種苗が注目し、今では同社の顧問となっている。

発表会では、米倉さんの体験談の形式で緑肥を用いた栽培例が多数紹介された。その中での、春ジャガイモの栽培を紹介しよう。

米倉さんは、2009年10月30日、雑草が繁茂し、ゴミが投げ捨てられていた耕作放棄地に”まめ助”という品種の緑肥、ヘアリーベッチを播種。すき込みは翌年3月14日に実施。その時のヘアリーベッチの草高は30~35cm、10a当たりの生草重は5,360kg、乾燥重604kg。茎葉の繊維は柔らかく、”絡みま線”装着ロータリー2回掛けで、全く絡み付くことなく綺麗にすき込みが完了したという。このヘアリーベッチに含まれる肥料成分は、10a当たり窒素25kg、リン酸3kg、カリ24kgであり、有機肥料の施肥なしで、すき込み当日、そのままジャガイモ(キタアカリ)の種イモを植付けたという。


<雑草抑制効果抜群の「まめ助」(写真提供:雪印種苗株式会社)>

翌年以降も同様の手法で栽培を継続したところ、緑肥特有の中長期的な土壌環境改善効果が現れ、収量は2010年は2,500kg/10a、2011年には3,000kg/10aと、増えていったという。

「天候や自然を頼りにするのが農業ですよね? ところが、その農業が、化学肥料を大量消費することで、地球温暖化の一因となっています。そんなことをしなくても、緑肥を適切に使えば収量は確保できます。少しでも多くの方に、緑肥を使った地球に優しい農業を知って、実践してもらいたいのです」(米倉さん)。


<米倉さんが発表した緑肥の栽培例のスライド>

緑肥作物を利用した
財布と地球にやさしい栽培の実践

①目的に合った緑肥を選ぶ
緑肥は多種多様な品種が存在しており、地震の栽培指針や、畑の状況に合わせて最適な品種を選定する必要がある。
例えば、
・化成肥料を削減し、有機栽培を実践したい
・連作による土壌病害虫の被害を低減させたい
・都市近郊型で、近隣への飛砂が気になる
など、自身の畑に対する悩みを明確にしたら、最適な品種選びは業界大手の雪印種苗に相談だ。
②近隣の種苗店で種子購入
緑肥種子は各地の種苗店で購入可能だ。「肥料代がゼロでも、種子代がかかっては無意味ではないか」と思われるかもしれない。しかし、平成23年度から農林水産省では、化学肥料・化学合成農薬を5割以上低減する取り組みとあわせて、地球温暖化防止や生物多様性保全に効果の高い営農活動を行っている農業者に対して「環境保全型農業直接支払」を実施している。市町村役場に相談し、基準をクリアすれば国から交付金をもらえるこの制度を利用すれば、緑肥種子代程度なら相殺できる。国の制度をうまく利用し、農業者の財布にも地球にもやさしい有機栽培を実践しよう。


問い合わせ:雪印種苗株式会社


text:Reggy Kawashima

関連記事

アクセスランキング

  1. ホウレンソウ農家に朗報! 4人作業が2人作業に!?
  2. 250万アクセス超!全国の農耕地,林野土壌図が無償で
  3. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  4. これからの農薬散布は「ドローン」が主流に!?
  5. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  6. “誰でもできる”高糖度トマトの農法を聞いてきた!
  7. 成功する農業! 利益を出す作物の選びかた鉄則5ヶ条
  8. 規格外野菜がTシャツに? ”着る野菜”デビュー!
  9. 5分で設営完了!かんたんマルシェスタンド
  10. 産地・産業振興に繋げる『6次産業化2.0』とは?
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.05 / ¥0
2017年10月11日発行

お詫びと訂正