道工具・資材

肥料代ゼロ! 緑肥作物を利用した地球に優しい農業

農家にとって生産コストは死活問題! でも、もし肥料代のコストがゼロなら、利益はもっと増えるのでは? 今回は、肥料代ゼロでも収量を確保している、とある農家による"緑肥"の話をお伝えしよう。

緑肥で環境負荷の少ない農業!
化成肥料は地球温暖化の一因に


<チッ素固定もできる見た目も美しい「クリムソンクローバ」(写真提供:雪印種苗株式会社)>

緑肥とは、栽培した植物を収穫せずそのまま田畑にすき込み(土壌と共に耕し)、後に栽培する作物の肥料にするもの。

なぜ緑肥が優れているのか? 通常、1トンの化学肥料を作るのに、原油760リットルが必要だという。この化学肥料1トン当たりのCO2排出量は2.07トンにも上る。それが地球温暖化の一因にもなっている。また、原油価格は高止まりしており、それに伴い化学肥料も値上がりしている。これでは農家の努力に関わらず、安定して利益を確保するのは容易ではない。地球環境のためにも、農家が安定した利益を確保するためにも、緑肥は非常に優れているのだ。

他にも、様々なメリットがある。物理性の改善(土壌団粒構造の形成・透水性の改善)、化学性の改善(保肥力の増大・空中窒素の固定など)、生物性の改善(土壌微生物の多様性改善・土壌病害の抑制など)といった土壌環境改善のほか、景観美化・炭素貯留量の増加(排出CO2削減)といった環境保全、それに表土流亡・飛砂防止・雑草抑制などにも有効だ。

123

関連記事

アクセスランキング

  1. 中国大手IT企業が開発! AIを活用した農業用モニタリングシステム
  2. 3分でわかる農家トレンド『ソーラーシェアリング』
  3. キイチゴ類の受粉を自動化! 「受粉ロボット」がアメリカで開発中
  4. 電子版無料配信中! フリーマガジン「アグリジャーナル」vol.08 7/9発行!
  5. 世界一安い! 腰痛のリスクを軽減するアシストスーツが2万円台!
  6. 収穫時間を10分の1に短縮! 農研機構が「中小規模生産者向け」新方式
  7. 太陽光×農業がイノベーションを巻き起こす!
  8. ハウスを積雪から守る支柱ユニットに、強度を上げた新タイプ追加
  9. 成功する農業後継~時代を超えて繋がれた”先々代の夢”
  10. <体験レポート>ゴルフカートは町ナカのブドウ農家で使えるか?
アグリ・ビジネス・ジャパン 2018   あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.08 / ¥0
2018年7月9日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル