道工具・資材

多機能・無人・見える化!最新高性能ロボット農器具

アタッチメント交換可能で
農業用ロボットは汎用の時代へ

日本総合研究所が農家と協力して開発している「DONKEY」は、汎用がキーワード。ロボット本体は汎用であり、作動部となるアタッチメントを交換することで、多機能性を持たせようとしている。

これなら、圃場監視や生育状態のモニタリングの他、定植、除草、農薬散布、収穫など多岐に渡る作業に1台のロボットで対応できる。
得られた農業関連データを分析することで、省力化のみならず、高品質な農作物づくりにも貢献する。
面白いのは、キモとなるアタッチメント開発にオープンイノベーションを採用する点。農家・企業が協同し、特定作業にフィットするアタッチメントを開発していく。

自律多機能型農業用ロボット「DONKEY」

価格:未定
問/日本総合研究所
MAIL/100860-agri4_donkey_jri@ml.jri.co.jp


text : Reggy Kawashima

『AGRI JOURNAL』Vol.4より転載

123

関連記事

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  4. 熱気に包まれた「全国青年農業者会議」の2日間。全国の若手農家が集結
  5. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  6. 発芽・育苗を成功させるならコレ! ダークピートを使った”超人気培土”
  7. 無人自動運転がアツい! 「レベル2」のスマート農機が本格販売開始
  8. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  9. 「先端技術アワード農業2.0」で登場した3つのITサービス
  10. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.10 / ¥0
2019年1月18日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル