道工具・資材

多機能・無人・見える化!最新高性能ロボット農器具

アタッチメント交換可能で
農業用ロボットは汎用の時代へ

日本総合研究所が農家と協力して開発している「DONKEY」は、汎用がキーワード。ロボット本体は汎用であり、作動部となるアタッチメントを交換することで、多機能性を持たせようとしている。

これなら、圃場監視や生育状態のモニタリングの他、定植、除草、農薬散布、収穫など多岐に渡る作業に1台のロボットで対応できる。
得られた農業関連データを分析することで、省力化のみならず、高品質な農作物づくりにも貢献する。
面白いのは、キモとなるアタッチメント開発にオープンイノベーションを採用する点。農家・企業が協同し、特定作業にフィットするアタッチメントを開発していく。

自律多機能型農業用ロボット「DONKEY」

価格:未定
問/日本総合研究所
MAIL/100860-agri4_donkey_jri@ml.jri.co.jp


text : Reggy Kawashima

『AGRI JOURNAL』Vol.4より転載

123

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  4. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  5. あのパタゴニアがワークウェアを日本展開! 高機能だけでなく未来を見据えた取り組みとは
  6. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  7. 収穫ロボットが初期コストゼロで使える!従量課金型で提供開始
  8. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  9. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  10. “循環型社会”を体現した体験型施設「KURKKU FIELDS」が今秋オープン!
  AG/SUM

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル