道工具・資材

農業経営者を操縦士に育成、ドローンスクールが開校

農業、配送、警備、太陽光パネルの点検など、各分野において多くの産業利用が期待されているドローン。農薬散布から害虫対策、収穫時期の判断など、農業の分野でもドローンは過熱していく中、プロのドローンパイロットとして活躍する人材を輩出する『ドローンスクールジャパン』名古屋校が開校した。

専用飛行場を備えた施設
女性インストラクターも在籍

一般社団法人ドローン操縦士協会(Drone Pilot Association/略称:DPA/読み:ディーパ)に認定され、北海道から九州まで全国24校で開校している「ドローンスクールジャパン」が、ドローン専用屋内飛行施設を持った「ドローンスクールジャパン愛知名古屋校」を10月31日(火)に開校した。

産業用ドローンはインフラ点検・農林業・捜索などに活用しており、需要は急増している。現在、ドローンの潜在市場は、約15兆円※1と想定され、トンネルや橋梁、太陽光パネルなど、各種施設の点検への利用が始まっているが、操縦士が不足している。スクールでは、「確かな操縦技術と知識を兼ね備えた操縦士」を育成することを目的とし、農業、配送、警備、太陽光パネルの点検など、各分野において多くの産業利用を期待している。

全国24校目、愛知県2校目となる名古屋校は、専用飛行場を備えた施設を新築。受付や講義用スペースは、グループ会社に倣い自動車ディーラーのショールームをイメージした、落ち着きのある雰囲気で休憩用ラウンジも完備している。また、ドローンを操縦する女性が増えてきたことを受け、女性インストラクターも在籍しており、男女問わず受講しやすい雰囲気となっている。

※1・・・英国ロンドンを本拠地とする世界的な監査・コンサルティンググループ PwC (Price Waterhouse Coopers)社調べ

12
施設園芸・植物工場展 2018 (GPEC)

関連記事

アクセスランキング

  1. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  2. ハイスペックで格好良い!「次世代軽トラ」の実力
  3. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  4. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  5. 話題の「スーツに見える作業着」を農家が初導入!
  6. 肥料代ゼロ! 緑肥作物を利用した地球に優しい農業
  7. 若者新規就農者が3年連続で2万人超 後継者不足は?
  8. 2018年度産から適用の「減反廃止」。農家への影響は?
  9. パワフルなバッテリー式刈払機。その実力は?
  10. “誰でもできる”高糖度トマトの農法を聞いてきた!
農業×IT OPTiMが描く、スマート農業。 株式会社キャムズ|動物防止柵や太陽光発電所フェンス等の販売 営農支援サービス 天晴れ|国際航業株式会社     あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.07 / ¥0
2018年3月30日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル