注目キーワード

道工具・資材

レール間の移動もラクな、電動高所用作業車を開発

産業用金具の総合メーカーであるタキゲンは、8,000種類にも及ぶ膨大な商品を取り扱っている。その土台を支えるのは、現場から寄せられたニーズを実際のカタチにできる、1910年創業という歴史に裏打ちされた技術力だ。

創業108年の歴史を持つ
産業用金具メーカーの老舗

2018年7月11日~13日、東京ビッグサイトで「施設園芸・植物工場展 2018(GPEC)」が開催された。アグリジャーナル編集部は、会場内の各ブースを徹底取材。注目ブースを、複数回に分けて紹介する。今回は、創業108年の歴史を持つ産業用金具の総合メーカー、タキゲンだ。

小さな部材から、大きな設備用資材まで、多岐にわたる商品を扱う同社。その総数は約8,000種類と、膨大な数に及ぶ。

取材で訪れたブースにもさまざまな商品が展示されていたが、ひときわ目を引いたのが、大きな電動作業車。ハシゴで登るタイプと、階段で登るタイプが、2台並んでそびえ立っていた。

ハシゴタイプは「土耕レール併用型レールカー」という商品名で、土耕栽培でもレールシステムを導入可能にした作業車。レール敷設前の土耕上だけでなく、パイプレール上も走行でき、2種類のタイヤを標準装備している。自動走行機能や速度調整機能も搭載しており、効率的に作業できる。

一方、階段タイプはまだ開発中のもので、「階段式電動作業車」という名前で展示されていた。実際に編集部が登ってみたところ、ハシゴよりも階段のほうが登りやすく感じた。現場で作業することを考えると、この登り降りのしやすさは大きなメリットだ。

ハシゴよりも階段のほうが登りやすい

さらにもう一つ、大きな改良点がある。従来は、平行に走るレールとレールの間を横移動する際、人力で作業車を移動させなければならなかった。しかしこの新開発モデルは、電動で収納可能なキャスターを搭載。ボタン一つでキャスターを下ろし、ラクにレール間を移動させることができる。

レール間移動に適した自在キャスターを搭載

ブース担当者は「この開発中の電動作業車は、実際の農家の方から『こんな作業車があったらいいな』という声をいただいて作成したもの。弊社には、そうしたお客様のニーズを実際にカタチにできるだけのスキルがある」と胸を張る。

このようにタキゲンは、創業108年の歴史に裏打ちされた確かな技術力で、現場のニーズに的確に応えているのだ。

DATA

タキゲン製造株式会社

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  2. 「環境に優しい」と「儲かる」は両立できる? 農業AIブレーン『e-kakashi』に迫る...
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  5. 【農業weekレポート】自動走行車から環境に配慮した資材まで、最新の農業製品が続々登場!...
  6. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  7. サカタのタネの”推し品種”の野菜は?3年ぶりにリアル開催した商談会をレポート...
  8. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  9. この20年で農業は”こう”変わった。農業経営がしやすい時代はやってきたのか?...
  10. 【知って得する】若手農家必見! 農家が知るべき3つの「生産性」とは?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正