注目キーワード

道工具・資材

「これバッテリー式!?」な軽さとパワーの農機具登場

刈払機やヘッジトリマなどの農作業機器は、農林業や造園作業の効率アップに欠かせない重要なツールだ。今回は農作業機器の大手メーカー、ゼノアから発売された、従来のバッテリー型を大きく上回る性能の最新機種をご紹介する。

バッテリーの弱点を補った
軽量・ハイパワーの農機具

農林作業の効率を大幅に向上してくれる農機具。その動力源には大きく分けて、バッテリーとエンジンがある。両者を比較すると、バッテリー製品はランニングコストが安価で、燃料補充の煩わしさがない。加えて、ボタン一つで作業が開始でき、音が静かといったメリットがある。反面、バッテリー式は重い、パワー不足、1バッテリーあたりの作業時間が短いといった弱点が指摘されていた。

今回、農機具メーカーのゼノアから発売されるバッテリーシリーズは、農家や造園といった使用頻度が高いプロも満足できる仕様。軽量・バランス設計で雨天でも使用可能だ。

発売機種は、刈払機 両手ハンドル、ループ ハンドル、ヘッジトリマ、ブロワの4機種。雨天でも使える高性能バッテリー、急速充電器を採用している。全国のゼノア取扱販売店にて4月末発売開始予定。

 

刈払機 両手ハンドル:BBC250PW

 

ループ ハンドル:BTR250PL

 

ヘッジトリマ:BHT250PD60

 

 

ブロワ:BHP250P

 

バッテリー:BLi200ZR(36V 5.2Ah)

充電器:QC330ZR(BLi200ZRを30分で80%まで充電可能)

なんとも心強い新製品を、あなたも試してみては?

問い合わせ

ハスクバーナ・ゼノア株式会社

農業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. “トリコデルマ菌”の働きをわかりやすく解説! 根張りを増やして収量アップへ...
  2. 鶏舎の消毒作業にレボリューション! 国内初「乗用鶏舎スプレーヤ」がついに完成...
  3. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  4. 絶品の柑橘、高評価の要は「光センサー」。ふるさと納税サイトで売上アップへ...
  5. 軽トラカスタムの新潮流!親しみやすさが人気の『レトロカスタム』
  6. アザミウマの発生を1/10程度に削減! イチゴ農家を救うLEDの赤い光
  7. 業界初!60度の急斜面でも草刈り可能な草刈機「ベローン」で安心・安全&ラクな作業へ...
  8. 生分解性マルチに普及の兆し。「カエルーチ」シリーズで作業の省力化&増収へ...
  9. 雑草のプロフェッショナルに聞く! 草をマルチにするメリットと留意点
  10. 土壌の保水力・保肥力を向上させる「EFポリマー」が日本随一の畑作地帯・十勝に上陸!...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.31|¥0
2024/04/19発行

お詫びと訂正