道工具・資材

オシャレすぎ!国内NO.1メーカーの草刈機ショールーム

歩行型・ 乗用型草刈機で国内シェアNo.1を誇るオーレック。直営店はブランドの発信拠点としてだけでなく、農機販売店の営業サポートや地域交流イベントの場にもなっている。グッドデザイン賞も受賞した、おしゃれなショールームを紹介しよう。

地域交流もさかんな
ブランド発信拠点

洗練されたデザインが目を引く「OREC green lab」は、歩行型・ 乗用型草刈機で国内シェアNo.1を誇る株式会社オーレックが構えているブランド発信拠点だ。

OREC直営のショールームとしてはもちろん、農業機械販売店の営業やアフターサービスのサポート、さらに、地域交流を目的としたイベントや、農の研究会などを開催している。世界的に活躍する建築家、木下昌大氏(KINO architects)が建築を手掛けた「OREC green lab 長野」は、2017年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞。

昨年12月には青森県弘前市にも「OREC green lab 弘前」をオープンした。

DATA

OREC green lab 長野
長野県長野市赤沼1896-50 TEL:026-295-0235

OREC green lab 弘前
青森県弘前市神田4丁目2-5 TEL:0172-40-3077


『AGRI JOURNAL』vol.7より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  3. 除草剤の散布量を9割削減、作業コストを3割軽減!? 自律走行型除草ロボットがスゴい
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. 食品事故のリスクを下げる! 農家が知っておくべき「一般衛生管理」と「HACCP」とは?
  6. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  7. ハイスペックで格好良い!「次世代軽トラ」の実力
  8. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  9. トヨタの生産管理ツール「豊作計画」が大幅刷新! 野菜や果樹、畜産にも対応
  10. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正