注目キーワード

道工具・資材

作業効率化を目指すいちご農家必見! 作業や販売時に役立つスマートアイテム3選

スマート農業の普及により、イチゴ農家のチャレンジを支えてくれるアイテムも日々進化を遂げている。今回は、作業や販売時に役立つアイテムを3つご紹介。今注目のアイテムはこれだ!

クラウド農業
モニタリングシステム


配線工事不要の、地面に差し込むだけの簡単設置。動力は、本体に備えられた太陽電池だ。

『いちごfarmo』はイチゴに特化したクラウド型モニタリングシステム。気温、湿度、日射量といった基本的な環境情報のみならず、成長促進に影響する炭酸ガス濃度や、把握しにくい土壌の水分など、8つのパラメータについてデータを取得。
 
ハウス内の状態を見える化してイチゴの生育状況を把握できる。もちろん圃場から離れた場所でもスマートフォンで確認できる。配線工事が不要だから簡単に設置できるのも嬉しい。

DATA

いちごfarmo


本体価格:147,000円(2台目以降 98,000円)
月額利用料:3,000円/月(2台目以降 1,000円/月)
※月額料金はサービス利用月のみ発生
 
問/株式会社ぶらんこ
TEL:028-600-4501
 

病害予測機能搭載
モニタリングサービス


センサーはワイヤレスですっきり。電源の設置や配線不要で、ハウス内のどこにでも吊るして設置できる。

ハウス内環境のモニタリングと、AIを使った病害予測を利用できるのが『プランテクト』。独自技術で開発した温度湿度センサー、CO2センサー、日射センサーでハウス内環境の見える化ができるだけではなく、病害予測(オプション)ができるのが特長。
 
2月1日より病害種が追加され、イチゴについてはうどんこ病、トマトについては灰色かび病・葉かび病・うどんこ病・すすかび病、キュウリについてはうどんこ病・べと病・褐斑病のリスク予測を提供してくれる。

DATA

プランテクト


左から、温度湿度センサー・CO2センサー・日射センサー・通信機

 
問/ボッシュ株式会社
TEL:048-470-1746



0.5秒で糖度を計測
果実非破壊測定器


果物や野菜を“切らず”に、わずか0.5秒で糖度を計測できる果実非破壊測定器『おいし果 CD-H100』のリニューアル版が新発売。測定結果をより確認しやすい商品が欲しいという声に応え、画面が明るく光る自照型タッチパネルディスプレイを搭載。
 
また、専用の無線プリンター(オプション)の使用により、測定中に動きを阻害することなく、測定結果をその場で印刷して利用することができる。価格も従来モデルよりリーズナブルだ。

DATA

おいし果 CD-H300


農研機構との共同研究成果を用いた糖度・熟度測定器「おいし果 CD-H240」も同時発売。測定対象は梨で、桃やリンゴ等も順次追加予定。

オープン価格
サイズ:D7.4×W18×H21.5cm
測定対象:トマト、桃、梨、柿、リンゴ、イチゴ、ぶどう、マンゴー、グアバ等
 
問/千代田電子工業株式会社
TEL:0532-88-4732


文:川島礼二郎

AGRI JOURNAL vol.14(2020年冬号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 【検証レポート】本当に石の飛散が少ないのか? 噂のバッテリー式「T字型バリカン」草刈機を体験!...
  2. 【散布レシピ公開】ドローンの自動航行で、柑橘の農薬通年散布を実現!
  3. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  4. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  5. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  6. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  7. 進化が止まらない!個性豊かな「2022年おすすめトマト品種」
  8. やり方次第で水稲農家も儲かる! 『効率化』作業機導入で被災地から儲かる農業を提案...
  9. 土壌を豊かにし、環境を再生する不耕起・草生栽培|日本での現状と、普及への道筋とは?...
  10. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正