注目キーワード

道工具・資材

わずか1秒! 果物に当てるだけで糖度を測る「非破壊糖度計」に注目のイチゴモデル登場

果実に当てるだけで、簡単に糖度を測定できる「非破壊糖度計 PAL-光センサー」にイチゴモデルが登場。これまで、りんご、梨、桃、ブドウ、さくらんぼなどとラインナップを広げてきたが、今回イチゴ農家からの要望に応えた。

イチゴを傷つけずに
光センサーで糖度を測定

株式会社アタゴは、「非破壊糖度計 PAL-光センサー」のイチゴモデルを発売した。果実に当てるだけで、簡単に糖度を測定できる光センサーシリーズだ。
 

 
本シリーズは、中小企業優秀新技術賞、関東地方発明表彰、渋沢栄一ビジネス大賞など、数多くの受賞歴を誇る。これまで、りんご、梨、桃、ブドウ、さくらんぼなどとラインナップを広げてきたが、イチゴ農家からの熱い要望に応え本モデルの開発に着手。イチゴを研究し、測定時に傷つけないような工夫を施している。
 

非破壊検査のメリット
簡単・スピーディー

非破壊検査は、名前の通り、果実を切ったり絞ったりせずに、果実の表面をサンプルステージに当てる、または乗せるだけでBrix(糖度)を測定できる。測定後に拭いたり洗浄したりする手間が要らない。
 
また、キーを押すだけで数値が表示され、測定時間は1秒。そのため、全数検査をするのも簡単だ。果実に当てるだけでスピ―ディーに調べられるため、出荷予定の果実を1個1個調べることも不可能ではない。
 
寸法・重量は、61mm×64mm×115mm、本体のみで153gとコンパクトかつ、単4アルカリ乾電池×2の電池駆動のため、測定場所を選ばない。キーの配置にも考慮し、樹になったままの果実を片手で測定できる。バックライト付なので、暗い場所でも測定可能だ。
 
果実の表面は、スポンジを介してしっかりと密着するため、果実の形状に左右されずにフィット。果実への当て方や、外光による測定誤差を生じさせない。外光の影響を検知するELI機能が搭載されていて、外光が検知されたときには「nnn」を表示する。
 
また、光源にチップLEDを採用したことによって、光学設計にて果物への光の導入の仕方を工夫し、コンパクトさと低価格を実現している。活用シーンは、果樹園、税関検査貿易、市場、スーパーなどを想定。ほかにもパティシエ、家庭菜園の園芸愛好家にもおススメだ。
 

「甘い味覚」「甘酸っぱい味覚」
2点セットも登場

また、非破壊糖度計と、しぼった果汁の糖度を測る糖度計「PAL-0」の2点セット「甘い味覚セット」、同じく非破壊糖度計と、糖度と酸度が測れる糖酸度計「PAL-BX|ACID」の2点セット「甘酸っぱい味覚セット」も登場している。糖度計と糖酸度計、共にしぼった果汁をのせて押すだけで測定できる優れものだ。
 


PAL-BX|ACID

 
甘い味覚セット(いちご)非破壊糖度計PAL-光センサー4 + PAL-0」は、10万4500円(税込)、「甘酸っぱい味覚セット(いちご) PAL-光センサー4+PAL-BX|ACID4」は、15万4000円(税込)。
 
気になる方は、イチゴづくりのパートナーとして是非採用してみてはいかがだろうか。
 

DATA

いちご用 非破壊糖度計
PAL-光センサー4


¥88,000(税込)
 

問い合わせ

株式会社アタゴ


文:竹中唯

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. #コロナに負けるな!でフードロスを支援 商品を訳あり価格で出品できる話題のECモール...
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  4. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  5. 雑草の種類を瞬時に判別! 毎日の農作業がラクになると話題のAIアプリを試してみた...
  6. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  7. 雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選...
  8. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  9. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  10. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.15 / ¥0
2020年4月17日発行

お詫びと訂正